日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『東京独身男子』中年が頑張りすぎ!?

『東京独身男子』視聴率好スタートも内容は……おじさんたちが頑張りすぎ!? 高橋一生、起死回生とならずか

オシャレだけど、コントのような展開も……

「3人の男性それぞれにキスシーンを作ってましたし、男同士がわちゃわちゃ楽しそうにしている場面はたしかに和める。登場人物は皆スタイリッシュだし、高橋さん扮する主人公の部屋はゴージャスでオシャレな作りになってます。それなのにこれだけ酷評なのは、やはり演出と脚本のせいでしょうね。無理やりすぎる話の展開に、ネットでは『コントか』とツッコミの声も出ていました。初回こそ視聴率を獲得したものの、二話以降でガクッと下がってしまう可能性も」

 昨年冬の主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)の数字がふるわず、今回こそ結果を出したいであろう高橋だが、今回ももしかしたら厳しい展開になるかも!?

最終更新:2019/04/15 23:30
12
こんな記事も読まれています

『東京独身男子』視聴率好スタートも内容は……おじさんたちが頑張りすぎ!? 高橋一生、起死回生とならずかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真