日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋一生に恋愛映画はもう無理?

高橋一生、主演映画惨敗!「熱愛報道のせいで……」と責任感じる? 恋愛映画はもう無理か

高橋一生、主演映画惨敗!「熱愛報道のせいで……」と責任感じる? 恋愛映画はもう無理かの画像1
映画『九月の恋と出会うまで』公式サイトより

 高橋一生と川口春奈がダブル主演を務めた映画『九月の恋と出会うまで』(3月1日公開)が苦戦中だ。公開初週の週末興行収入ランキングでは、ベスト10入りを逃すというありさまで、完全に大コケ状態だ。

「製作が発表された段階から、『ヒットは無理だろう』という声も多かったのは事実です」

 そう話すのは映画関係者。同作の製作が発表されたのは昨年3月、写真週刊誌「FLASH」(光文社)が高橋と女優・森川葵の熱 愛をスクープした直後のことだった。

「そもそも高橋さんのファンは、その雰囲気に“萌えている”女性が大半を占めているんですよ。にもかかわらず、年下女優との熱愛が発覚して、女性ファンが激減してしまった。そんなタイミングで製作が発表されて、しかもそれが恋愛映画だったということで、映画関係者の間では“ああ、もう無理だな”という空気も漂っていたと思います」(同)

 同作公開にあたって、高橋と川口は映画の宣伝としてバラエティー番組などにも出演。川口は、一風変わったプライベートを明かし話題にもなったが、高橋については良くも悪くも注目されていない。

「高橋さんは基本的に真面目でジョークを連発するようなタイプではないので、バラエティーには向いていない。本人はそれを十分にわかっていて、できればバラエティーにも出たくないと思っているはずです。それでも、今回出演していたのは、自分のファン減少を感じていたからなのでははないでしょうか。“熱愛発覚がなければ、この映画も当たっていた可能性も……”と自分を責めているかもしれません」(テレビ局関係者)

 女性ファンが減り、主演した恋愛映画も大コケとなった高橋。今後の俳優人生はどうなるのだろうか?

「女性ファンを“萌えさせる”ような役柄は難しいと思いますよ。おそらく今後は、恋愛映画は避けていくような気がします。もともとはアクが強い役もできる演技派系のバイプレイヤーだったわけだし、今後は元来の方向性にシフトしていくのではないでしょうか」(前出・映画関係者)

 高橋が世の女性たちの憧れだった時期は、早くも過ぎ去ってしまった模様。俳優としてのこだわりが強い高橋にとっては、ミーハー人気よりも演技に力を注げるほうがうれしいかも?

最終更新:2019/03/14 17:10
こんな記事も読まれています

高橋一生、主演映画惨敗!「熱愛報道のせいで……」と責任感じる? 恋愛映画はもう無理かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真