日刊サイゾー トップ > 芸能  > 性別限定ライブは時代に逆行?

UVERworld“男限定”ライブで女性応募者を自動的に落選! 「性別限定ライブ」は時流に合ってない!?

UVERworld公式サイトより

 6人組ロックバンドUVERworldが11日、東京・増上寺でトークライブを開催。12月20日に東京ドームで男性限定のライブ「男祭り」を行うと発表したのだが、これが物議を醸しているという。

 このトークイベントの参加者は事前にファンクラブで抽選が行われており、男女ともに応募資格があった。しかし、実際は当選者400名すべてが男性。女性は自動的に落選する仕組みとなっていたことが発覚したのである。見方次第では詐欺とも捉えられかねないこの抽選方法に対し、女性ファンを中心に批判が殺到。女性差別ではないかとの声も上がっている。

 ネット上では「ちゃんと男限定だって告知しとかないとね」「男尊女卑」「これの応募のためにファンクラブに入った人もいるんじゃない?  詐欺じゃん」と、バンドやイベントの運営に対して批判が殺到。中には「医学部の入試じゃないんだから」と以前、東京医科大学で行われていた男女で得点を調整していたという不正と今回の件を絡ませたり、「保険でしょ? 埋まらなかったときは男性限定を取り消す」と、女性ファンをトークイベントの応募数が芳しくなかった時の保険としたのではないか? と邪推する声なども見られている状況だ。

「各所で指摘されてますが、トークイベントまで男性限定にする必要はなかったのでは? 今回の対応は、長年のファンが飛ぶリスクもあるぐらい、やり方としてはまずかったではないかと思います」(音楽ライター)

12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

UVERworld“男限定”ライブで女性応募者を自動的に落選! 「性別限定ライブ」は時流に合ってない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真