日刊サイゾー トップ > 芸能  > Koki,に河北&桐谷ファンが不満の声

Koki,“令和の星”扱いに河北麻友子&桐谷美玲ファンが不満の声 「ジム通いは非効率的」発言に敵視も?

Koki,令和の星扱いに河北麻友子&桐谷美玲ファンが不満の声 「ジム通いは非効率的」発言に敵視も?の画像1
Koki, 公式インスタグラム(@kokiofficial_0205)より

 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が、23日に発売された女性ファッション誌「ViVi」(講談社)の表紙&特集ページに“次世代アイコン”と銘打たれ登場。ネット上では、「オーラが半端ない」「平成はキムタクだったけど、令和はKoki,がリードする時代になりそう」などと絶賛する声が飛び交う一方、不服を唱える河北麻友子ファンが続出する事態となってしまった。

「Koki,が同誌面を飾るのは今回が初ですが、『彼女という存在は、きっと、来るべき新しい時代に輝く希望になる』というコピーが躍り、今後もプッシュしていくことを感じさせる大歓迎ムードが漂っています。読者からも多くの質問が寄せられ、注目度は抜群の様子。しかし、今号は2012年から専属モデルを務める河北麻友子の卒業号にあたり、“みれまゆ”コンビでお馴染みの桐谷美玲や、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で共演する出川哲朗との対談企画まで組まれています。それにもかかわらず、Koki,の2番手扱いとなっているため、『平成の星はお払い箱ですか』『ゴリ押しにもほどがある』などと、不満の声が集ってしまったようですね」(芸能関係者)

 また、読者からの「ジムには行ってますか?」という質問に対する、「わざわざジムまで通う時間を考えると、家でやったほうが効率的じゃないかなって家族とも話して」との返答には、「わざわざジムへ行ってインスタ投稿しまくってる女性タレントから敵視されるのでは?」と危惧する声も寄せられた。

「世間で流行りの“筋肉女子”をリードする存在である菜々緒や中村アン、ダレノガレ明美などは、ジムでのトレーニング画像や動画を次々とアップしています。また、クロスフィットトレーニングのカリスマインストラクター・AYAのInstagramには、仲里依紗をはじめ芸能人が続々と登場し、広瀬すずや川口春奈などキックボクシングを嗜む若手女優も少なくありません。それらのタレントにとってジムは、『美に対する意識が高いですよ』とアピールする大事な場のため、ただでさえ“ゴリ押し”批判がある中、不用意な発言によって無駄に敵をつくってしまう可能性は否定できません」(同)

 現在はモデルとしてのキャリアを優先させるKoki,だが、「いつかは、演技のお仕事もしてみたい」とのことで、父親と同じく視聴率を荒稼ぎし、令和を代表するスターになることを期待したい。

最終更新:2019/04/25 19:30
こんな記事も読まれています

Koki,“令和の星”扱いに河北麻友子&桐谷美玲ファンが不満の声 「ジム通いは非効率的」発言に敵視も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真