日刊サイゾー トップ > 芸能  > 松本人志が嫌った男たち

AAA・浦田直也だけじゃない!? ダウンタウン・松本人志が嫌った“チャラ男”たち

浦田直也インスタグラムより

 4月28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)において、泥酔した状態で見知らぬ女性に暴行を加え逮捕されたAAAの浦田直也についてダウンタウンの松本人志がコメントした。

 松本は浦田と共演経験があるものの「まったく覚えていない。印象に残らない」と語り、「そこが彼のコンプレッスでお酒に走ったのでは」などとまじめに推測した。その場ではジョークを挟んだものの、松本は謝罪会見で「お酒を飲んだから覚えていない」と言い訳を繰り返した浦田を「甘い」と断罪した。松本はかなり浦田を嫌っているとわかる。

 大物芸能人の松本はその影響力ゆえに、はっきりと「共演NG」を口に出すことはないが、過去にその対象ではと憶測を呼んだ人物を挙げると浦田と共通項が見られる。

「松本の嫌いなタイプは、ずばり『芸能界を舐めたチャラい人間』であるといえるでしょう。亀田興毅、大毅らが全盛期のころ、亀田一家については『タメ口で来られるのは無理』とラジオ番組で語っています。松本は、パフォーマンスだとしても亀田一家の態度を良しとしなかったのでしょう。ただ引退後はバラエティ番組で共演を果たしています」(芸能関係者)

 さらに90年代初頭の「トガッていた」松本は、同業者のお笑い芸人にも嫌悪感をむき出しにしていた。

「特に嫌っていたのは森脇健児ですね。芸人でありながら、笑いよりさわやかなルックスを売りにして女性人気を得ていた点が気に入らなかったのか『とにかくつまらない』と批判していました。さらに似たような理由から中山秀征も嫌っていました。彼らは共に多数のレギュラー番組を抱えていましたが『渡された台本を流しているだけ』『自分の番組ではない』と批判しています。松本は多くの出演番組に企画構成としても関わっているだけに、数をこなしているだけの彼らの姿勢がチャラく映ったのでしょう」(同)

 こうした松本の態度は芸能界においては「正しい」ものであり、彼が生き残ってきた理由も見えてくる。やはり浦田の振る舞いは最悪のパターンであったのは確かだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/05/07 12:00
こんな記事も読まれています

AAA・浦田直也だけじゃない!? ダウンタウン・松本人志が嫌った“チャラ男”たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

瓜田純士がアンチにマジ切れ!?

 “キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が愛妻と共に、2作目のミュージックビ...
写真