日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 清野菜名は万能すぎ!
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

アクションからコメディ、濡れ場まで……女優・清野菜名は万能すぎ!

株式会社ステッカー公式サイトより

 日曜夜10時30分から放送されているドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)は、不思議なこだわりに満ちたドラマだ。

 本作は「週刊少年サンデー」(小学館)で長期連載されていた西森博之のヤンキー漫画をドラマ化したもの。脚本とチーフ演出を担当するのは福田雄一だ。

『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)などで知られるコメディドラマの名手で、一時期は、毎クール1本は深夜ドラマ枠に福田のドラマがあるような状態だった。

 思わずクスクスと笑ってしまう脱力系コメディが多く、一見ゆるい作りとなっているだが、実はこのゆるい笑いを支えるために、ディテールに対しては毎回こだわっており、今作では80年代テイストの再現にとても力を入れている。

 特に、劇中に登場する女性キャラクターのファッションが衝撃的だ。

 橋本環奈と若月佑美(乃木坂46)はスケバンキャラを演じており、ダボダボのロングスカートにケバめの化粧で、迫力のある芝居を見せている。

 映画『銀魂』『斉木楠雄のψ難』と福田作品への出演が続いている橋本は、今作でも捨て身で豪快な芝居を披露。第4話の、47秒間にわたって白目を見開く芝居はネット上でも話題となった。福田作品に出演したことで、コメディエンヌとしての才能を大きく開花させつつある。

 一方、橋本とはまったく違うアプローチで驚かされたのが、清野菜名である。

 清野が演じるのは、赤坂理子という聖子ちゃんカットのヒロイン。主人公の不良コンビ、三橋貴志(賀来賢人)、伊藤真司(伊藤健太郎)と対等に話せる同級生の女の子という位置付けだが、聖子ちゃんカットにロングスカートという垢抜けない格好がめちゃくちゃ似合っていて、ダサかわいいとでもいうようなルックスに衝撃を受けた。

 今の感覚からすると、聖子ちゃんカットの髪形は顔が平べったく広がっているように見えてしまうので、女優としては若干、損な役回りなのだが、実に楽しそうに演じていて違和感はまったくない。

 同時に、理子は空手道場の娘で武道の使い手だ。第2話では主人公の三橋と話している途中で、突然、殴りかかる場面があるのだが、格闘場面に入る殺陣の自然さに思わず見入ってしまった。

  そう、清野の芝居は何をやっても自然なのだ。

 橋本が、これでもかと自分を捨てた豪快なアプローチで攻め込んでいくのに対し、清野は80年代にいてもおかしくない、格闘技ができる女子高生に完全になりきっている。だから彼女の芝居は、普段の日常パートとコメディパート、そして格闘パートと自然に切り替わり、すべてがシームレスにつながっているのだ。

12

アクションからコメディ、濡れ場まで……女優・清野菜名は万能すぎ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真