日刊サイゾー トップ > 芸能  > 華原朋美が“安藤美姫状態”

華原朋美の妊娠発表も……“安藤美姫状態”に不安の声「また心が……」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

華原朋美の妊娠発表も……安藤美姫状態に不安の声「また心が……」の画像1
華原朋美

 歌手の華原朋美が4日、第1子を妊娠中であることを所属事務所を通じて発表した。妊娠6カ月の状態にあり、出産予定は8月。華原はオフィシャルサイトにおいて「新しい家族と新時代を迎えられることもとても幸せに思います。新しい命に力をもらってこれからも歌い続けていきたいです」とコメントした。

 平成を駆け抜けた歌姫が45歳で初産することにネット上では「元気な赤ちゃんを生んでください」「おめでたい」「あの朋ちゃんがママになるなんて」「安産だといいですね」「お体に気をつけて」「かわいい子が生まれてきそう」といった祝福のコメントが寄せられているが、不可解なのは華原が結婚については明らかにしていないこと。

「お相手は10月ごろに知人の紹介で知り合った外資系企業に勤める男性とのことですが、詳細は不明のままです。華原の周辺では『入籍する予定はありません』といった説明があり、業界内では男性は既婚者ではないかといった情報まで流れています。妊娠が発覚した際もしばらく周囲に伝えずにいたといいます。本当は周りにバレることなく出産することを望んでいたようです」(芸能関係者)

 このまま未婚の母として生活していく可能性が高い。

「元フィギュアスケートの世界女王、安藤美姫のように、世間に父親の素性を明かさないまま、シングルマザーとして生活していくとみられています。ただ、その場合、さまざま臆測を呼ぶことが考えられます。安藤のときもスケーターの南里康晴氏や元コーチのニコライ・モロゾフ氏が父親ではないかと取り沙汰され大騒ぎとなりました。もともと華原は男性依存体質で、何かあるごとに精神面から体調不良が続いて、幾度となく芸能活動を休養していました。このまま結婚せずに支えになる人がいない状態での妊娠、出産、子育てに、また心身のバランスを崩してしまうのではないかと周囲は気を揉んでいます」(同)

 妊娠後も仕事を続行する予定の華原。女性の多様な生き方が推奨されることは大いに結構だが、その分苦労も多くなりそうだ。

最終更新:2019/05/13 23:00
関連キーワード

華原朋美の妊娠発表も……“安藤美姫状態”に不安の声「また心が……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真