日刊サイゾー トップ > カルチャー  > メール見られるペンに悪用の恐れ

メールが見られるペン発売で「カンニングし放題?」の声が相次ぐ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

キングジム公式サイトより

 大手老舗文具メーカーのキングジムが、スマートフォンの通知を受け取れるボールペン型デバイス「スマートボールペン『インフォ』」を6月14日より発売すると発表。この情報が世に出るや否や、ある使い方を思い浮かべる人が続出している。

 2色ボールペンに小型ディスプレイやタッチボタン、LEDなどが付いた「インフォ」は、スマホと連携することで電話の着信やメールの受信、自分宛てのSNSのメッセージなどを通知するほか、スマホを取り出すことなく内容を確認できるという便利商品。通知は過去40件まで遡ることができるという。

 メーカー側は、スマホをチラチラ見る行為に抵抗がある商談や会議の席などでの使用を想定しているようだが、Twitterでは「カンニングツール?」「なるほどカンニングし放題」「カンニングに使われる未来しか思い浮かばん」「カンニングに使うバカが出てくるんだろうな」といった声が相次いでいる。

「ペンにディスプレイが付いていれば、『カンニングに使えるのかな?』と思うのも当然ですよね。『AppleWatch』が発売された際にも、『カンニングに使えそう』と話題になりましたが、その影響で“試験中の腕時計禁止”のお達しが出た学校も多いとか。試験を伴う学校や機関は、『インフォ』の持込禁止を検討せざるを得ないかもしれませんね」(IT系ライター)

 他にも、アラームやカメラアプリのシャッターとしての使用、音楽の再生操作も行えるという「インフォ」。17日現在、Amazonでは1万2,960円で予約注文が可能だが、悪用する人など1人もいないと信じたい……。

最終更新:2019/05/18 00:00
関連キーワード

メールが見られるペン発売で「カンニングし放題?」の声が相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

今日はお笑いの日!

お笑いコラムを一挙放出!
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真