福山雅治支店長の無能ぶりはいつまで続く!? 脚本のズボラ化が止まらない『集団左遷!!』第5話

2019/05/20 20:00

文=長野辰次

無駄なエピソードばかり。脚本家は何を伝えたい?

 福山雅治の顔芸にはずいぶん慣れたものの、銀行支店長としてのズボラーぶりが目に余ります。当然ながら脚本もズボズボです。ここ数話で出番が増えてきた蒲田支店の女性行員・藤枝(橋本真実)ですが、マンションに不審者が現われたと悲鳴を上げます。若手行員の滝川(神木隆之介)は「本部の嫌がらせでは?」と訝しむのですが、滝川たちが捕獲した不審者の正体は藤枝の元カレ(浅香航大)だった……という衝撃的につまらないネタでした。脚本家は何を伝えたかったのでしょうか。ただ第5話の尺を埋めているかのような意味のないエピソードです。

 司法サスペンス『検察側の罪人』(18年)で主演の木村拓哉や二宮和也の存在感を上回った舞台出身の演技派・酒向芳、現在公開中のコンゲームコメディ『コンフィデンスマンJP ロマンス編』で凄腕詐欺師を演じている小手伸也など面白いコマを持っていながら、どうもうまく生かし切れていません。神木隆之介もこのままではまったくの無駄遣い状態です。

「平均視聴率10%を守れなかったら、脚本家もディレクターも全員リストラ!」とリアル“集団左遷”をTBSが打ち出せば、少しはスタッフもヤル気を見せるのではないでしょうか。働き方改革が叫ばれていますが、「日曜劇場」においてはズボラな脚本をそのままOKすることが改革なら、とても残念に思います。

 

善と悪を演じ分ける三上博史の性格俳優ぶり

 慎重派だった真山副支店長も第5話ではすっかりズボラーとなり、唯一まっとうに映るのは敵キャラである横山常務役の三上博史だけです。三上がしっかりと嫌われ役を演じていることで、『集団左遷!!』は辛うじてドラマとしての体裁を保っているといえそうです。三上は池井戸潤原作『下町ロケット』のWOWOW版では佃社長役を好演しており、今回は真逆なキャラをケレン味たっぷりに演じてみせています。三上の性格俳優ぶりが再評価されれば、このズボラードラマの存在意義もあるかもしれません。「がんばらなくていいんです」と言っていた三上が、結果的にはいちばんこのドラマに貢献しています。

 リストラの危機にある蒲田支店、本部から優遇される羽田支店、同じ三友銀行の支店同士でのローテンションな争いが描かれた第5話でした。WOWOW版『下町ロケット』に主演した三上博史だけでなく、池井戸ブームを決定づけた高視聴率ドラマ『半沢直樹』(TBE系)で堺雅人を助太刀した赤井英和も、池井戸ドラマではない『集団左遷!!』では悪者扱いです。もしかすると、7月から鳴りもの入りでスタートする池井戸潤の書き下ろし新作ドラマ『ノーサイド(仮)』への当てこすりかな。同じTBSのドラマチーム同士でもバトルが生じているのかな。ついついそんなことを勘ぐってしまいます。まっ、ドラマが純粋に面白ければ、こんなことは考えずに済むのですが。

 さて、気になる視聴率は? 第1話13.8%、第2話8.9%、第3話10.1%、第4話は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でしたが、第5話は9.0%という数字でした。まぁ、視聴率ダウンは当然でしょうが、これから視聴率を二ケタに戻すための秘策を何か持っているのでしょうか。TBSの番組ホームページを覗くと、第5話で起きた大トラブルの顛末が第6話のあらすじであっさりと明かされています。番宣もかなりのズボラーです。奇しくも片岡支店長は蒲田支店のことを「泥舟」と自嘲気味に呼びました。ここまできたら、泥舟ドラマの成り行きを見届けたいと思います。

(文=長野辰次)

最終更新:2019/05/20 20:00

人気記事ランキング

続きを読む