日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > ヒモ男、公開往復ビンタの刑に

ヒモ男、路上でカノジョから公開往復ビンタの刑に 理由は……スマホ!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

衆人環視の中でも構わずビンタを食らわす女性

 中国には年間を通して、さまざまな“恋人の日”がある。バレンタインデーやクリスマス以外に、春節15日目の元宵節や旧暦の七夕がそれに当たる。

 元宵節は別名ランタン・フェスティバルとも呼ばれ、夜になるとランタンに火がともされ、幻想的な光景が町中に広がる。その昔、封建的な時代には若い女性は自由に外に出られなかったが、この日だけは遊びに出かけることが許されたことから、男女の出会いの日となっていたのが由来である。

 七夕の場合は、1年に一度だけ会える牽牛と織女のストーリーが元となり、今では恋人の日となっている。

 しかも、これらの日には、男性が女性にプレゼントを贈ることが習慣となっている。もちろんバレンタインデーも、中国では男性から女性にバラの花束などのプレゼントをしなければならない。

 そしてもうひとつが5月20日である。520は中国語で読むと「ウー アール リン」なのだが、これが「我愛你」(ウォー アイ ニー)の音と似ていることから、男女間で愛を伝える日となっているのである。

 今年も中国各地で男性から女性に愛の言葉とともにプレゼントが贈られていたのだが、逆に、女性から往復ビンタを食らった男性もいた。

 四川省の達州市の繁華街で、大勢の人が通りを歩くなか、若い女性が男性に向かって文句を言うと、いきなり男性にビンタを食らわした。1回だけではなく、何度も何度も。しかも、手のひらのビンタよりも痛いとされている、裏ビンタまで。

 男性のほうは抵抗もせず、文句も言わず、ただ女性に打たれるに任せていた。

 周囲の人が止めたにもかかわらず、女性はビンタを張り続けたことから警察官が呼ばれ、事情を聞かれることになった。

 それによると、この女性は常日頃から恋人であるこの男性の面倒を見て、衣食住すべてにお金を出していたのだが、5月20日のこの日だけは、男性からスマホをプレゼントされて愛情を表現してもらいたいと願っていたのだという。

 ところが、この男性、どうしようもないダメ男だったようで、スマホを買うお金がなく、それを女性に伝えたところ、往来の真ん中で往復ビンタを食らったということだったようだ。

 女性の気持ちはわからないでもないが、そもそも生活費を女性に頼っているようなヒモ男からプレゼントを期待するほうが間違っているともいえる。こんな男とは早めに別れて、別の男を見つけたほうがいいと思えるのだが……。

(文=佐久間賢三)

最終更新:2019/05/30 21:00
関連キーワード

ヒモ男、路上でカノジョから公開往復ビンタの刑に 理由は……スマホ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真