日刊サイゾー トップ > 芸能  > 原田龍二は袴田吉彦ルート確定か

石川テレビの仕事消滅も……“マイカー不倫”原田龍二は“アパ不倫”袴田吉彦ルートまっしぐら!?

原田龍二

 複数のファンと不倫関係にあることが報じられた俳優の原田龍二に対し、ネット上では「むしろ好感持てる」「潔いし男らしい」「別に許せる」などと寛容に受け止める声が相次いでいる。

「30日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、原田はインスタグラムにコメントを書き込んだファンなどに連絡を取り、親しくなると公園脇や駐車場に止めた愛車に呼び出しては性処理をさせていたそう。誌面では『おまえの体見たい お尻 ムッチムチの』をはじめ、原田が送ったとされるスケベなLINEが公開されています」(芸能記者)

 原田には、2001年に結婚した元女優の妻と、その間に生まれた一男一女がおり、子どもとの写真をテレビで紹介するなど子煩悩として知られていた。

「原田の子どもは多感な年頃ですから、かわいそうですね。しかし、原田といえば『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)で裸芸を披露して以降、脱ぎ仕事が急増。頭にパンツを被って『変態仮面』の格好を披露したこともありますから、それとプライベートでの性欲の強さを結びつけて面白がられています。誌面を見る限り、ファンも喜んで原田に会いに行っていたようですし、完全に役得ですね」(芸能記者)

 とはいえ、仕事に支障も。6月1日放送の石川テレビ開局50周年記念番組『金沢百万石まつり 完全生中継』は、今回の報道を受けてゲストを原田から女優の羽田美智子に変更した。

「スポンサー絡みの仕事はしばらく影響がありそうですが、長い目で見ると“袴田吉彦ルート”を辿りそう。袴田は、“アパ不倫”後のバラエティでのキャラが面白いと好評で、仕事が急増。原田も変態キャラが付加価値となり、さらなるブレークが狙えるのでは?」(同)

 30日に記者会見を開くという原田。家族としてはたまったもんじゃないだろうが、世間は特段気にしていないようだ。

最終更新:2019/05/31 09:32
こんな記事も読まれています

石川テレビの仕事消滅も……“マイカー不倫”原田龍二は“アパ不倫”袴田吉彦ルートまっしぐら!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(後編)

【前編はこちらから】  インディーズ映画界の巨匠・若松孝二監督と「若松プロ」に集まっ...
写真