日刊サイゾー トップ > 芸能  > キムタク主演ドラマを静香ぶち壊し!?

木村拓哉の主演ドラマが工藤静香の“汚料理”でぶち壊しに!?

木村拓哉の主演ドラマが工藤静香の汚料理でぶち壊しに!?の画像1
木村拓哉

 木村拓哉が今年10月期のTBS日曜劇場で放送されるドラマに主演することが決まった。

 今作で木村が演じるのは「天才シェフ」だという。

「パリで二つ星を獲得するカリスマシェフが、三つ星に届かないプレッシャーで壁にあたり、店で起きた大事件が元で全てを失ってしまう。そんな人生に躓いた男が再び夢に向かう“大人の青春”をかけたヒューマンストーリーだといいます。その木村と共に三つ星を目指すヒロイン役の女性シェフを鈴木京香が演じることに。2人は2007年の日曜劇場『華麗なる一族』以来、12年ぶりのタッグとなります」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「どんな役でも木村拓哉」「中年同士の恋愛は生々しくて気持ち悪い」「おじんおばんしか出ないの? チョマテヨおじさんなど誰も求めてない」などと辛らつな意見も飛び交っているが、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の人気企画「ビストロSMAP」を彷彿とさせる役柄だけに、SMAPファンからの期待値は高い。

 しかし一方で、多く聞かれるのが“あの人”が足を引っ張るのではとの不安の声だ。

「女性が集まる掲示板では、『キムタク家に帰ると天才シェフが待ってるよね』『静香のアレがチラつく』と、妻の工藤静香についてのコメントが目立ちます。工藤がSNSに投稿する料理は毎回ツッコミどころ満載で“汚料理”と呼ばれています。ケーキを作れば『固そう』『メレンゲがぐちゃぐちゃ』、手作りのハヤシライスには『色がヤバイ』『雑穀米とルーの彩画グロテスク』と悲鳴が飛び交い、お弁当箱にまるごと1個放り込まれたゆで卵には『せめて切ろうよ』とのツッコミが入る。カボチャとレンコンの煮物は大皿の脇に一つずつという盛り付けセンスです。工藤が日常をさらけ出すことで、木村のミステリアスさがなくなり、『普段こんなものを食べてるんだ』とがっかりする声があるのも事実。天才シェフの実生活の妻が汚料理家というのはイメージが台無しですから、視聴率に悪影響を与えなければいいのですが……」(女性誌ライター)

 木村の敵はアンチでも裏番組でもなく、まさかの身内となるのかも!?

最終更新:2019/06/01 18:00
こんな記事も読まれています

木村拓哉の主演ドラマが工藤静香の“汚料理”でぶち壊しに!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真