日刊サイゾー トップ > 芸能  > 熱海で切りつけ美魔女の正体

熱海で男性切りつけた美熟女グラドル・岩本和子、以前から“お騒がせ美魔女”として有名だった!?

いけない日常 週刊ポストデジタル写真集』 (小学館)

 5月18日、JR熱海駅の新幹線改札口付近で知人男性の頬をカッターナイフで斬りつけたとして傷害容疑で現行逮捕された“最年長グラビアアイドル”岩本和子容疑者(43)。

 5月31日付の「文春オンライン」では、岩本容疑者が駅員に取り押さえられている様子や、被害男性が手当を受ける姿など、衝撃的な写真が公開されており、世間は騒然となった。

 ネット上では「加害者の方かよ。てっきりファンとか頭のおかしな男にやられたと思ったら 逆に女のほうが攻撃したとは」「事件現場が“熱海”ってとこも昭和だよね 貫一お宮かよ」「この男性とはリアルで関係あったのかね???謎が多すぎ」といった声が上がっている。

 また岩本容疑者が、遠藤憲一主演のドラマ『さすらい温泉遠藤憲一』(テレビ東京系)に旅館の女将役として出演したり、5月には主演映画『魔睡』が公開、事件翌日の19日にはデジタル写真集『いけない旅情』(小学館)の出版記念イベントが予定される(直前に岩本容疑者のSNSへの不穏な書き込みが影響し、体調不良を理由に中止)など、今後ブレイクする予兆があっただけに、「美人な大人な女性だったし、逮捕されちゃうなんてもったいない」「再起できる日を待っています」といった応援の声も寄せられていた。

「文春オンライン」の報道によると、現在は岩本容疑者のFacebookやTwitterは閉鎖されているものの、事件を起こす直前の15日早朝には、Facebookに「○○○○という男に殺される」「産まれてきてごめんなさい。お母さん ○○○○なんかに殺されてごめんなさい」「相手 ○○○○ 理由 レイプによる妊娠」といった投稿をし、すぐ削除するなど、情緒不安定な行動を取っていたとか。この○○○○というところに、今回の被害者である男性の実名が掲載されていたという。また本人のものか不明だが、「2019年5月13日 16週4日」というメモと共に胎児が写ったエコー写真なども公開していた。

 これらの岩本容疑者の不可解な行為について、ネット上では「相当病んでたってのはわかった」「病気で妄想に巻き込まれただけだとしたら被害者が可哀想過ぎる…」「SNSちゃんと書けてないじゃんクスリでもやってたん?」「性的暴行されてたとしたら、その相手と2人で会う? 引きずられる画像、ミニスカートだかショートパンツだかわからないけど性的暴行された相手とそんな服装で会いに行くのおかしいよ」と疑問の声が上がっている状況だ。

「もともと彼女は、保湿剤として処方薬されるヒルドイドを大量に処方してもらい、毎日全身に塗っているとブログで明かし、ネットで物議を醸すほどの“お騒がせ美魔女”として有名でした。事件についてはこれから警察の調べで詳細が明らかになっているのでしょうが、心身ともに治療の必要があるでしょうね。せっかく芸能活動がうまく行きかけていた中、とんでもないことになってしまいましたが、罪を償ったらカムバックしてほしいものです。とはいえ、かなりの壊れっぷりを見せているので中々現実的には難しいでしょうが」(芸能事務所勤務)

 もう一生、表舞台に出てくることはないのだろうか……。

最終更新:2019/06/05 12:00
こんな記事も読まれています

熱海で男性切りつけた美熟女グラドル・岩本和子、以前から“お騒がせ美魔女”として有名だった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真