日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 二階堂ふみ、朝ドラ抜擢の裏

二階堂ふみ、NHK朝ドラヒロイン抜擢の裏で囁かれる「ピエール瀧の尻ぬぐい」

二階堂ふみ

 朝ドラらしからぬ人選に、お茶の間からは疑問の声が飛び交っている。2020年4月から放送される窪田正孝主演のNHK朝ドラ『エール』のヒロインを二階堂ふみが務めることがわかった。

 同ドラマは全国高等学校野球大会の歌「栄冠は君に輝く」のほか、阪神タイガースの「六甲おろし」、巨人軍の「闘魂こめて」など スポーツシーンを彩る応援歌などを作曲した古関裕而には窪田を、その妻で歌手の金子(きんこ)を演じるのが二階堂に決まった。

「二階堂は今作が朝ドラ初出演。有名女優でありながら2802人が参加したオーディションで選ばれたとあって、ドラマの発表会見では『ヒロインに決まったことを昨日知ったばかりで、ウソなんじゃないかと思っていました』と驚いていました」(芸能記者)

 朝ドラといえば、フレッシュで透明感のある女優をヒロインにするのが定番だったが、最近は安藤サクラ、広瀬すず、戸田恵梨香と連続で有名女優を起用するなど方針をシフトチェンジしている。

「とはいえ、二階堂といえば過去には新井浩文や菅田将暉との熱愛が報じられるなど奔放なキャラ。映画では“カラダ”も披露し、9月公開の映画『人間失格』では主演の小栗旬との濃厚なシーンも予定されています。そのため、ネット上では『朝のヒロインにはそぐわない』との声もあります」(芸能ライター)

 さらには、こんな臆測まで……。
「二階堂の所属事務所には薬物で逮捕されたピエール瀧も所属していました。そのピエールはNHK大河ドラマ『いだてん』に出演していたため、多大な迷惑をかけた。そのため、『尻ぬぐいで事務所がNHKにノーギャラで差し出したのでは?』とうがった見方もされています。『オーディションで選ばれた』というのも、“ピエール隠し”のためにそういうポーズを取っただけの可能性もありそうです」(前出・芸能記者)

 現在放送中の主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)は視聴率が大爆死しているだけに、二階堂としてはたとえ尻ぬぐいだとしても挽回のチャンスを得たことは朗報だろう。

最終更新:2019/06/06 19:07
こんな記事も読まれています

二階堂ふみ、NHK朝ドラヒロイン抜擢の裏で囁かれる「ピエール瀧の尻ぬぐい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真