日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 新川優愛のエロ新路線に驚きの声

あの”前戯発言”で路線変更か!? 新川優愛の彼氏&胸ネタ大胆告白に困惑の声広がる

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

劇団東俳公式ホームページより

 女優でモデルの新川優愛が、6月14日に放送されたバラエティ番組『金曜日のどっち!?スペシャル』(テレビ朝日系)に出演。過去に交際していた男性とのエピソードにネット民がざわつく事態となった。

「彼女は以前の交際相手とテレビのチャンネル件を巡ってビンタされたことや、相手のスマホに送った何気ない言葉で相手から問い詰められたという逸話を披露。さらに、交際相手から『基本的に(胸が無いから)“まな板”って呼ばれてた』ことも明かし、MCのフットボールアワー・後藤輝基から『あなたいろいろ経験してるね~』と同情されていました」(テレビ誌ライター)

 そんな新川といえば、『ミスマガジン2010』グランプリでグラドルデビューするも、その後は『Seventeen』(集英社)『non-no』(同)でモデルとして“女性ウケ”にシフトチェンジ。最近は女優としてドラマ、映画で活躍している。それだけにファンも困惑したようで、ネット上では「あれ?彼氏、胸、そんな路線で行くの?」「そういうこと言う子になっちゃったんだ」「エロをネタにしないと売れないと自覚したんだろ」「その路線に変更してくるって事はとうとう崖っぷちなんだな」といった声が上がっている。

 そんな新川のエロ路線への回帰は、やはり“あの件”が大きく影響していそうだ。

「彼女は4月7日に放送された『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)に出演した際、『清潔にしておくために爪を切る』と答えただけの学生に対して、『まだ早くない⁉』とのツッコミを入れていたことで、一人だけ“アノ前戯”を想像していたことが発覚。そのため今回、彼氏とのエピソードを披露したことにも、『まあ、さんまの番組で手マン発言したからしかたないか』『で、その彼氏に手マンされてたってこと?』といったコメントが噴出しています」(週刊誌記者)

 自ら墓穴を掘って淫らなイメージを作ってしまった新川だが、一定数いる“まな板”好きのために、再び男ウケ路線に戻ってグラビア展開してもらいたいものだ。

最終更新:2019/06/17 21:16

あの”前戯発言”で路線変更か!? 新川優愛の彼氏&胸ネタ大胆告白に困惑の声広がるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

安倍首相、東京五輪決行の動機

今週の注目記事・第1位「三浦春馬の絶望」(『...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真