日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > ジャッキー・チェン沈黙のワケ
共産党には頭が上がらない⁉

香港デモに無関心で大炎上のジャッキー・チェン、ゴミ呼ばわりされながらも沈黙貫く

ジェイ・チョウのインスタグラム公式アカウントより

 刑事事件の容疑者を中国に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正への反発から、香港では大規模なデモに発展しているが、芸能界も揺れている。大陸との関わりも少なくない彼らにとって、大っぴらにはデモを支持しづらい状況にあるが、SNSで「香港加油(頑張れ)」のハッシュタグを付けるなどして支持を表明する芸能人も少なくない。さらにはデモに参加する芸能人もおり、現地メディア「852郵報」(6月9日付)によると、歌手のアンソニー・ウォン(黃耀明)やデニス・ホー(何韻詩)は9日、香港政府総部前でBEYONDの「抗戦二十年」 を熱唱した。

 一方で、香港が生んだ大スター、ジャッキー・チェン(成龍)は一連の騒動に対して冷淡で、その言動に批判が集まっている。「晴報(SKY POST)」(同13日付)によると、ジャッキーは同日、台湾・台北市で12日にリリースしたアルバムをPRするための記者会見に臨んでいた。前日には香港で大規模デモが行われたことから、記者からそれに関する質問があったのだ が、ジャッキーは「昨日初めて香港で大きなデモがあったことを知った。どんな事情があったのか、まったく知らない」と答えたのだ。

 故郷・香港を突き放すような発言に対し、SNS上では「失望した」「共産党の手先め」「過去のジャッキー出演作のDVDはすべて廃棄することに決めた」など、批判が相次いだ。

 また同日、台湾の人気歌手、ジェイ・チョウ(周杰倫)が、自身のインスタグラムでジャッキーと杯を交わす写真を投稿したが、これにもファンからは「ジェイ、香港で彼を好きな人はひとりもいない。彼は人民元のために魂を売った」「なぜジャッキーなんていうゴミと一緒にいるの?」といった厳しいコメントが寄せられている。

 さらに11日には、X JAPANのYOSHIKIがジャッキーと会食したことがYOSHIKIのインスタへの投稿で明らかになったが、そこでも炎上し、YOSHIKIが謝罪する事態に陥っている。

 これだけの批判を浴びつつも、今までのところ当のジャッキーは、自身のSNSでデモについても一切触れていない。デモに賛同したと見なされれば、彼にとって重要な市場である中国大陸からバッシングを受けることになりかねないだけに、沈黙を貫いている部分もあるだろうが、それだけではない。

 中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は話す。

「ジャッキーは現在、中国人民政治協商会議(いわゆる上院)の委員を務めていますし、過去には、中国からの模造品持ち出し禁止を呼びかける政府広報ビデオにも出演したことがあるなど、中国共産党との関わりは深い。2014年に息子のジェイシー・チャンが北京で大麻使用で逮捕された一件では、押収された乾燥大麻が100グラム以上と大量で、第三者に大麻を使用する場所も提供していたために、薬物犯罪が重罪とされている中国では、極刑の可能性もありといわれていた。しかし、実際は懲役6カ月と数万円の罰金で済んだのですが、ジャッキーが党上層部に減刑を嘆願したためといわれています」

 無敵のカンフーマスターも、中国共産党には頭が上がらないということか……。

(文=大橋史彦)

最終更新:2019/06/17 16:17
こんな記事も読まれています

香港デモに無関心で大炎上のジャッキー・チェン、ゴミ呼ばわりされながらも沈黙貫くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真