日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐に会える最後の24時間テレビ

嵐のメンバーに募金を渡す最後のチャンス!?『24時間テレビ』初の国技館開催で危ぶまれる壮絶修羅場

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 嵐がメインパーソナリティーを務める今年の『24時間テレビ42』(日本テレビ系、8月24・25日放送)。嵐のメンバー5人でのメインパーソナリティーは6年ぶり5回目となる。

「2020年いっぱいでの活動休止を控えているということで、例年にも増して大いに盛り上がりそう。しかし、今年は日本武道館が改修工事に入るために使用できず、会場は番組史上初めて両国国技館となります。この点については不安要素がとても多いようです」(テレビ局関係者)

 例年『24時間テレビ』では、一般視聴者が武道館まで募金を持ち寄り、会場では出演者が直接受け取ってくれたり、さらには握手をしてくれたりすることもある。

「とにかくジャニーズタレントに募金を渡せるということで、毎年多くのジャニーズファンが武道館に押し寄せます。そして、武道館周辺には募金を待つジャニーズファンたちの長蛇の列ができるわけです。しかし、両国国技館には武道館に比べると周囲の待機スペースも少なく、初の開催なので警備の点に不安が残る。ありえないような混乱が生じてしまうのではないかと、心配されています」(同)

 また、2020年いっぱいで活動休止となる嵐が『24時間テレビ』に出演できるのは、しばらく今年と来年のみ。アラシックと呼ばれる嵐の熱狂ファンたちにとっては、至近距離で嵐のメンバーたちと会う残り少ないチャンスということになる。

「2020年の『24時間テレビ』に出演するかどうかはわからないので、もしかしたら今年が嵐のメンバーに募金を渡す最後のチャンスとなる可能性もある。そもそも嵐の場合、こういった形での至近距離でのファン交流は皆無に等しく、今年の『24時間テレビ』を逃したら、本当に一生会えないかもしれない。そういう意味では、アラシックたちは相当気合いを入れて、両国国技館に集まるでしょう」(女性週刊誌記者)

 一部ファンによる迷惑行為が改善されないということでHey! Say! JUMPのツアーが中止になるなど、ジャニーズファンたちのマナーの悪化がしばしば問題視されている昨今。嵐ファンたちは大丈夫なのだろうか。

「今年の24時間テレビがラストチャンスになるかもしれないとなれば、現地を訪れるアラシックの数も多いだろうし、その全員が嵐のメンバーに募金を渡せるわけでもないでしょう。そうなると、渡せなかったアラシックたちが荒れてしまい、壮絶な修羅場になる可能性も。現場は大混乱となってしまうかもしれません」(同)

 今年も例年通り、出演者による“募金受け取り”が行われるかどうかはまだ発表されていない。嵐ファンの暴走の危険性を鑑みると、会場での受け取りを実施しない可能性もありそう?

最終更新:2019/06/18 17:50

嵐のメンバーに募金を渡す最後のチャンス!?『24時間テレビ』初の国技館開催で危ぶまれる壮絶修羅場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

渋沢栄一と岩崎弥太郎「料亭事件」の真相

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真