優しすぎる性格が裏目に⁉ 内村光良「視聴率男神話」が崩壊危機!

2019/06/19 18:00

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
内村光良

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)など多数のレギュラー番組を抱え、「視聴率男」と呼ばれるお笑い芸人・ウッチャンナンチャンの内村光良だが、ここにきて彼の視聴率神話に陰りが見え始めている。

 イモトアヤコやみやぞんなど、人気者を次々と輩出し、日曜夜8時の代名詞的番組だった『イッテQ!』。しかし、ここ最近の視聴率は『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に連敗中だ。昨年週刊誌で報じられたヤラセ疑惑や、収録中に起きたみやぞんの骨折騒動などトラブルが続き、視聴者離れが進んでいるようだ。

 また、身近にいる意地悪で自分勝手な人たちを、アイデアや機転で撃退した“スカッとする話”をショートドラマ化する『痛快TVスカッとジャパン』は、内容のマンネリ化が顕著になってきた。番組当初は予想外の展開もあり、タイトル通りにスカッとした気持ちになる視聴者も多かったようだが、「これは作りだろう」と思ってしまうようなデキすぎた 内容だったり、オチを 子どもに言わせて落とすパターンに、SNSでは「最近ネタ尽きてきたんかな。話盛りすぎだろ」「全然スカッとしないw」などの声が上がっている。

 さらに、内村がナレーションを務めるNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』も、北海道から東京に舞台が移ると、好調だった視聴率に急ブレーキがかかった。視聴者からは「なつの苦労が足りない」「東京編つまらない」など辛辣な意見も見られるほどだ。

「視聴率男」の肩書も返上となりかねない危機の原因について、番組関係者はこう指摘する。

「同業者から見ていると、『視聴率男であるウッチャンを使っとけばなんとかなる』という制作側の甘えが見え見え。内村さんも、番組構成や企画内容にいちいちうるさく口を出すタイプではなく、“芸能界一優しい男”と呼ばれる通りの温厚な性格なので、スタッフもある種ナメている部分がある。『イッテQ!』のニセ祭り騒動の時は、さすがの内村さんも激怒し、降板の意思もほのめかしていたそうですが、結果的に番組が存続したことで、内村さんと仕事をするスタッフの間で、そうした傾向がより強まった」

 3年連続で紅白司会との声も上がっている内村だが、このままレギュラー番組の低空飛行が続けば、その偉業にも黄色信号がともる。視聴率男の名を取り戻すためには、“芸能界一優しい男”の名は、かなぐり捨てる必要がありそうだ。

最終更新:2019/06/19 18:00

人気記事ランキング

続きを読む