日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口百恵、長男のために復帰?

山口百恵、趣味のキルトで作家デビュー! くすぶる長男のために写真掲載で復帰準備?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

GOLDEN☆BEST 山口百恵 コンプリート・シングルコレクションより

 昭和を代表する伝説の歌姫・山口百恵の作品集『時間の花束 Bouquet du temps』(日本ヴォーグ社)が7月に発売される。引退後30数年間製作してきたという自作キルト作品とそれぞれの解説、さらに家族や友人への気持ちを綴った文章が収録され、製作風景などの写真も掲載されるようだ。

「今回の活動は本名の三浦百恵さん名義であり、あくまで芸能活動の再開ではありません。しかし公式な活動というのは引退以来約40年ぶりということで早くも話題になっています。写真とはいえ現在の姿を見ることができるのはファンにとってはたまりませんよね」(芸能ライター)

 山口百恵といえば人気絶頂期だった21歳の時に俳優の三浦友和と結婚し、そのまま芸能界を引退。以来一切、芸能活動をしていない。その引き際の潔さによって神格化されているところもあるがゆえに、今回の著作出版については異議を唱える声も多い。一部ではその真意を推し量り、「本当は息子の後押しをしたいんだろう」や「ちょこちょこ名前を出すくらいなら、もう出てきちゃえばいいのに」などという意見もあるようだ。「せっかく美しいまま記憶に残ってるんだから近影は見せなくても良いのに」という思いもあるのかもしれない。

「ファンからも業界からも復帰を熱望され、約40年もそれを固辞し続けた百恵さんですので、今さら売名ということも無いはずです。しかしながらこうして名前が出ることで長男で歌手の三浦祐太朗さんや次男で俳優の三浦貴大さんも話題になり、結果的に後押しになっているのも事実です。売名と言われるのも致し方ないところかもしれません。特に祐太朗さんの方はヒット曲にも恵まれず、最近出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)ではアニメ好きでひょうきんな二世タレント扱い。百恵さんの歌が無ければそれほど話題にもならない有様ですので少し心配なのかもしれませんね。

 しばしばメディアに盗撮されて、そのおばさん化が報じられる百恵さんですが、最近はピラティスに本格的に取り組んでおり体づくりには余念がないようです。もしかしたら芸能界復帰もあるのでは、と芸能界でも噂されています」(同)

 母子共演となれば話題になることは必至。ファンとしては見たいような見たくないような、複雑な気持ちであろう。ともあれ、引退後の山口百恵の様子を知ることができる著作の発売が楽しみである。

最終更新:2019/06/23 12:00

山口百恵、趣味のキルトで作家デビュー! くすぶる長男のために写真掲載で復帰準備?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真