日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「平手は山口百恵」で批判殺到

ゲス・川谷絵音、欅坂46・平手友梨奈を山口百恵に例えて批判殺到「世代じゃねーだろ!!」

【平手友梨奈】 公式生写真 欅坂46 アンビバレント 封入特典 4種コンプ

 ゲスの極み乙女。の川谷絵音が自身の雑誌連載で、欅坂46の平手友梨奈を往年のアイドル、山口百恵さんを引き合いに出して称賛。だが、これに対して批判の声が集まっている。

 川谷は「日経エンタテインメント!」(日経BP社)の自身の連載ページ「ヒットの理由がありあまる」で、欅坂のシングル曲「アンビバレント」を取り上げ、大ヒットの秘密を解説。その中で、平手の存在感とカリスマ性を圧倒的と評し、「僕はどうしても彼女を山口百恵さんに重ねてしまう」と記している。しかし、「お前に山口百恵の何がわかるんだ!」とブーイングが殺到。

「1980年に引退した百恵さんは、70年代に活躍したアイドル。リアルタイムで彼女に熱狂したのは、現在50代後半の世代です。88年生まれで30歳の川谷が、百恵さんの全盛期なんて知るはずがないですからね。平手を絶賛するのに、百恵さんを引き合いに出すのは違和感しかありません」(音楽ライター)

 ネット上でも、「お前、山口百恵知ってる世代じゃねーだろ」「世代じゃないくせに、こんなこと言ってしまうアホ」「偉い人にそう言えって言われたのかw 」などの書き込みが寄せられている。

「アーティストのような存在は、音源などを通じて後世の人々もその偉大さを追体験できますが、時代とともに生きるアイドルはリアルタイムでないと、川谷が言うような“存在感やカリスマ性”は実感としてわからないでしょう。百恵さんのすごさなんて、今の10代の欅坂のファンにはピンとこないだろうし、何よりも川谷自身がわかっていないはず(笑)。ネット上では『コイツ、媚びるビジネス路線に変わったよな』といった声が上がるなど、川谷は上の世代に媚びているのでは、との指摘もあります。ゲスの極み乙女。は川谷の度重なる女性問題が世間の不興を買い、露出やCD売り上げが激減。特に中高年における川谷の好感度は、業界内外を問わず最低です。バンドの再ブレークには、上の世代の好感度アップが必要だと考えているのかもしれません」(同)

 かといって、往年のアイドルを引き合いに出すとは、なんともはや……。わらにもすがる思いとは、このことか。

最終更新:2019/01/17 12:00

ゲス・川谷絵音、欅坂46・平手友梨奈を山口百恵に例えて批判殺到「世代じゃねーだろ!!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真