横浜流星、『あなたの番です』キャスティングの裏に女性スタッフの”ラブレター”があった!

2019/06/30 05:55

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
横浜流星公式インスタグラムより

 視聴者よりも、スタッフのほうがワクワクしている?

 6月23日、原田知世と田中圭主演のドラマ『あなたの番です 特別編』(日本テレビ系)が放送され、平均視聴率が8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 同ドラマは2クールにわたって放送される大型ミステリー。今回は第1章で発生したマンションで起きたが“交換殺人”を刑事が振り返ることで、30日から放送される後半の「反撃編」に向けて物語を整理する形となっていた。

「1章の最後で主人公の原田が亡くなる衝撃展開はファンを驚かせましたが、第2章では田中が西野七瀬らと協力しながら、犯人を追い詰めていく展開になる。そして、新たに注目を浴びそうなのが、田中を助けるマンションの住人として登場するイケメン俳優・横浜流星。1月期のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の“ユリユリ”でブレイクした彼の登場で、1章を観ていなかった女性視聴者を獲得することが期待されます」(テレビ誌ライター)

 その流星がキーマンとして起用された裏側を、日テレ関係者がこう耳打ちする。

「同ドラマはSNSでは大盛り上がりとなる一方、視聴率は芳しくない。それもあってか田中はドラマの盛り上げに積極的でなく、撮影のためのスケジュールを出さなくなっていたといいます。そこで、代わりとなるイケメン俳優として流星が抜擢された。実は、ドラマのスタッフは女性ばかりで、田中の起用を推したのは局の女性プロデューサー。一方、制作会社の女性プロデューサーが大の流星好きだったことで、ラブレターのような出演依頼書を送って口説いたそうです」

 スタッフのテンションと共にドラマの視聴率も上昇するのか見ものだ。

最終更新:2019/06/30 05:55

人気記事ランキング

続きを読む