日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 中居と嵐の共演NG解除

中居正広と嵐の共演NG解除で、大野智との「下剋上コント」復活を熱望するファンの思い

 ジャニーズファンからは歓喜の声が上がっている。

 7月13日に約13時間生放送される『音楽の日』(TBS系)に嵐が初出演することがわかった。

 同特番は総合司会を初回から9年連続で中居正広が務めているが、過去に存在した“派閥”の影響で嵐は出演していなかった。

「過去に中居が出演していた『うたばん』(TBS系)では何度も共演していたのですが、長い歴史の中でSMAPはTBS、嵐は日本テレビという棲み分けができたことから接点がなくなっていました。NHK紅白やテレ朝のミュージックステーションでの共演を除くと、中居との共演はほぼ10年ぶり。そのため、ファンは『うたばん』で中居と大野智が2002年から46回にわたって繰り広げた『下剋上コント』の復活を楽しみにしているようです」(女性誌ライター)

 このコントは大野が中居を批判して、ケンカを吹っかけてからのドタバタ劇がお約束なのだが、過去の大野の発言を振り返ってみると、こんな感じだ。

「(パリで嵐が人気あると言う話題から)藤沢での中居の人気よりはあるよ」

「(ドームコンサートはファンから遠いという話題から)中居は小っちゃいからどこ行っても小っちゃい」

「(4年間大野の髪型が変わらないことに対して)ハゲてねぇんだからいいだろ!」

「(ケンカはやめようという中居に)もう、ちょっとは大人になったんだな。中居」

「(遅れてきた嵐に嫌味をいう中居に)それがゲストを迎える態度か!」

 前出の女性誌ライターが続ける。

「ネット上では『中居くん、智くん、下剋上コントするなら今やぞ!』『この絡みが世界一好きなんです』『嵐を一番活かせるのは中居くんだと思ってます』といったコメントが殺到。ジャニ―喜多川社長が緊急搬送され、深刻な空気が漂っているだけに、中居と嵐の共演NGが解除されたことは何よりも明るいニュースになりそうです」

 活動休止まで1年半となった嵐。ファンの願いを中居が叶えてくれそうだ。

最終更新:2019/06/29 17:58
こんな記事も読まれています

中居正広と嵐の共演NG解除で、大野智との「下剋上コント」復活を熱望するファンの思いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真