日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 板東英二が放送NGタレントに?

板東英二が放送NGタレントに?認知症やリア王症候群まで疑われる事態に

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

板東英二オフィシャルWEBサイトより

 各局のプロデューサーにとっては起用しづらいタレントになっているようだ。

 6月29日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に野球解説者でタレントの板東英二が出演。番組では、板東が野球選手の名前を全く知らないことが明かされた。

「板東といえば、ON時代に活躍した中日ドラゴンズの名投手で、高校時代の夏の甲子園で打ち立てた『1大会83奪三振』の記録は今も破られていません。タレント活動がメインとなっている現在もラジオなどで野球解説を行っていますが、『ピッチャー不利ですね』『こういうバッターは嫌ですわ』など、現役選手の名前はまったく知らなかったことが判明。山田哲人、菊池雄星、菊池涼介ら日本を代表する選手の写真を見せられても答えることができないばかりか、野球に興味がない人でも知っている大谷翔平についても『おおた〇』までヒントをもらっても名前が出てこなかったのには唖然としました」(テレビ誌ライター)

 そんな板東といえば、先日放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のドッキリ企画で、出演シーンがほぼ編集カットされる事態となったことから、坂東が仕掛け人に激怒し、暴行事件を起こしたとの疑惑が浮上したばかりだった。

「明治大学の齊藤孝教授の近著『リア王症候群にならない 脱!不機嫌オヤジ』(徳間書店)によれば、年齢を重ねると、いろいろな場面でこらえ性がなくなって怒りやすくなってくる。それによって生じる問題行動を、シェイクスピアの悲劇『リア王』になぞらえて『リア王シンドローム』と言うそう。昭和の時代に人格形成をしたオヤジたちは、時代の変化に対応できず、キレやすくなっていると警鐘を鳴らしています。一方で、大谷の名前すら答えられなかった板東を見て、視聴者からは『認知症の初期症状ではないか』と心配する声も聞かれます。今年で79歳ですから、いつバラエティでは処理できないようなガチな放送事故を起こすかわかならいと、今後は板東の起用には制作サイドも慎重にならざるを得ないようです」(週刊誌記者)

 有吉としても、板東との絡みは老人や病人を笑いものにしていると受け取られかねないだけに、イジリづらかったに違いない。

最終更新:2019/07/02 18:57

板東英二が放送NGタレントに?認知症やリア王症候群まで疑われる事態にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

志村けん訃報とテレビ界のコロナ対策

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(3...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真