日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 不倫報道村上祐子元アナ復帰

不倫に甘いテレ朝では普通?不倫報道の『朝生』村上祐子元アナの早すぎるテレビ復帰が物議に

テレビ朝日

 各テレビ局には、それぞれの社風があって当然だが、テレビ朝日はどこまでも“不倫”に甘いようで、もはや笑うしかないようだ。

 4月中旬、10歳近く年下のNHK政治部記者と東京・青山霊園で花見デートを楽しんだ後、同記者のマンションにお泊まりしたと一部で報じられたテレ朝・村上祐子政治部記者が、メインキャスターを務める『朝まで生テレビ!』の6月28日深夜放送回であっさり復帰を果たしたのだ。

 同局では、既婚者である村上氏の不倫疑惑報道とあって、4月、5月の同番組への村上氏の出演を見合わせていたが、わずか2カ月半で、その禁を解いたことになる。

 村上氏はアナウンス部から政治部に異動した2015年7月以降に夫である元同局アナの西脇亨輔氏(現・法務部所属弁護士)と別居し、現在はくだんのNHK記者のマンションを拠点に事実上同棲状態とされる。『朝生』の常連パネリストで国際政治学者の三浦瑠麗氏によれば、別居し離婚調停後、離婚訴訟係争中だという。

 離婚訴訟係争中の者が、離婚成立前に新たなパートナーと同棲することが不貞にあたるかどうかは意見が分かれるところだが、まだ村上氏は戸籍上は“既婚者”で、復帰については「早すぎる」との声が多い。

「そもそも村上氏は、もうアナウンサーではありませんし、降板でもよかったはず。しかし、4月26日深夜の放送回で、三浦氏が『(村上氏を)復帰させますよね?』と暴走発言。進行の田原総一朗氏も『上層部になるべく早く復帰させるように言っている』と、生本番中に援護する一幕がありました。村上氏は田原氏から厚い信頼を得ていて、政治部に異動してからも『朝生』への出演を続けていました。テレ朝にとっては、功労者である田原氏の要望を、むげに断れない背景もあったのでしょう。いずれにしても、不倫に寛容なテレ朝らしい決着です」(テレビ関係者)

 同局では、16年に田中萌アナ、矢島悠子アナの不倫疑惑報道があったものの、一定の謹慎期間の末、復帰させている。昨年10月からは、局アナ時代に、ウッチャンナンチャン・内村光良との不倫愛に走って大騒動になったフリーの徳永有美アナを、よりによって看板番組『報道ステーション』のキャスターに起用したばかり。

「そういった経緯があるだけに、村上氏だけ、『復帰させない』という選択肢はなかったのかもしれませんが、なんとも身内の不倫に甘いテレ朝の体質は、後になって悪影響がでるのでは?」(同)

 吉本興業にコンプライアンス遵守を通告するくらいなら、自局の社員にこそ、節度を守るよう徹底した方が良さそうだ。

最終更新:2019/07/04 00:22
こんな記事も読まれています

不倫に甘いテレ朝では普通?不倫報道の『朝生』村上祐子元アナの早すぎるテレビ復帰が物議にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

ジャイアント白田を直撃!

 大食い番組全盛時代、フードバトルでモンスターと恐れられた男、ジャイアント白田。なぜ...
写真