日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > みのもんた、芸能界の高齢者問題

みのもんた、本番中に熟睡、トイレも…『よるバズ』終了で芸能界の”高齢者問題”が顕在化

みのもんた

 高齢ドライバーの事故が社会問題化してきているが、芸能界でも“事故”を未然に防ごうとする動きが見える。

 みのもんたがキャスターを務めたAbemaTVの報道番組『みのもんたのよるバズ!』が、6月29日に最終回を迎えた。

 2016年にスタートした同番組で、みのは『朝ズバッ!』(TBS系)降板以来、2年半ぶりのキャスター復帰。番組での3年3カ月を振り返り、「アッという間だったね。毎週土曜日、放送が終わると、よく飲んだね。本当にお世話になりました」と感慨深げに語っている。

 これで、みののレギュラー番組は『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)のみ。しかし、こちらもいつ降板してもおかしくない状況だという。

「ここ数年は、完全に置物状態となっています。上の空になっていたり、ゲストのコメントにも笑みを浮かべるだけ。出演者によると、本番中にスタジオが盛り上がっている最中にトイレに行くこともあるとか。さらに熟睡してしまうこともしばしばだといいます。みのが本番中に寝るのは、朝番組のキャスター時代からですが、以前は酒の飲みすぎが原因でした。しかし、今は完全に体力やメンタルなどの身体的な理由から。8月で75歳を迎えるとあって、加齢による衰えを隠せなくなってきています」(テレビ関係者)

 12年には最愛の妻に先立たれ、翌年には次男の逮捕で父親として猛バッシングに遭うなど、心労が重なったことも、今日の元気をなさに影響しているのかもしれない。

「同じく後期高齢者タレントの板東英二も6月29日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、“大谷翔平”の名前がまったく出てこないことから、年齢からくる症状ではないかとの声が噴出しました。出演者らも“老い”をイジるわけにもいかないですし、放送のそれではなく本当の事故が起きないとも限らない。バラエティの現場では、高齢者タレントは腫れ物のような扱いにならざるを得ないようです」(前出・テレビ関係者)

 テレビ界の功労者、みのの唯一のレギュラーを降板宣告するのは容易ではなさそうだが、『よるバズ」の終了で、芸能界引退も現実味を帯びてきたようだ。

最終更新:2019/07/04 17:55
こんな記事も読まれています

本番中に熟睡、トイレも……みのもんた『よるバズ』終了で、芸能界の”高齢者問題”が顕在化のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真