日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 闇営業問題に怯える人気タレントX

闇営業問題に怯える”人気お笑いタレントX”とは?「プライベートでも幸せなことがあったばかり」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

入江慎也

 お笑い界を襲った闇営業問題が波紋を広げている。

 雨上がり決死隊・宮迫博之やロンドンブーツ1号2号・田村亮らが、カラテカ・入江慎也の仲介のもと、特殊詐欺グループの忘年会に参加。

 当初「ノーギャラだった」と主張していたが、その後前言撤回し、無期限活動休止処分となった。テレビ関係者が語る。

「お笑い界は蜂の巣をつついたような大騒ぎです。食うに困って”直営業”していた人は多いですからね。いまごろになって仲介者に電話して『あれは大丈夫ですかね?』と確認を取る吉本芸人が続出しています」

 戦々恐々としているのは、なにも吉本芸人だけではない。”元凶”となった入江は事務所の垣根を超え、多くの芸人たちと繋がっていた。そのなかの非吉本芸人Xに疑惑の目が向けられているという。前出のテレビ関係者が続ける。

「Xは知名度こそあれ、しばらくは芽が出なかった。そのころよくつるんでいたのが、入江です。Xが凄いのは、入江にくっついて直営業をもらうのではなく、入江のやり方を盗んで、自分も人脈を広げていったこと。そのなかには、謎の投資話や仮想通貨で荒稼ぎする素性のわからない怪しい人物も多かったようです」

 Xはそうしたグループの開くパーティーやイベントに”ゲスト枠”で参加し「もろもろゴチになっていた」(同)という。

 その後、弁が立つXは芸人としてよりも、タレントとして開花。現在は複数の番組でメインを張る売れっ子となった。

「それでも過去は消すことができない。今回の闇営業問題の広がりを見て、いちばん怯えているのはXですよ。プライベートでも幸せなことがあったばかりですからね」(お笑い関係者)

 テレビ局は”第2の宮迫”を警戒し、売れっ子芸人たちの身辺調査を強化している。Xが知らぬ間に”見なくなった”とならなければいいのだが……。

最終更新:2019/07/07 05:58

闇営業問題に怯える”人気お笑いタレントX”とは?「プライベートでも幸せなことがあったばかり」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真