日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > なぜ松本潤がジャニー氏の病状を
週刊誌スクープ大賞

嵐・松本潤がジャニー喜多川社長の病状を発表……なぜ近藤真彦や東山紀之ではなかったのか?

 年金問題VS.憲法改正が争点の参議院選が始まった。今回は、注目候補に女性が多いようだが、さっそく新潮が「クレオパトラたち」を並べて品定めをしている。

 注目度ナンバー1は、立憲民主党から立った元「モーニング娘。」市井沙耶(35)だろう。新潮は、彼女が自民党の今井絵理子議員と共通項が多いから、当選してから立憲民主党が『悪夢』を見るのではと報じている。

 市井は、20歳でバンドのギタリストと「できちゃった婚」して芸能界を引退する。しかし、二人目の子どもが生まれると芸能活動を再開したが、2011年に離婚。翌年には美容師の男性と再婚して二人の子どもをもうけている。

 同じ年で、出馬する政党と子どもの数が違うだけで、市井と今井は「恋多き女」という共通点がある。だから、今井の二の舞になりかねないというのだが、牽強付会が過ぎるのではないか。

 次は丸川珠代(48)。私の知り合いの代議士から、中野区で丸川を囲む会をやるから来ないかという誘いがあった。前回は、山口那津男公明党代表を上回る100万票超を獲得した丸川だから、落選の心配はないだろうが、新潮によれば、各省庁の役人や秘書への当たりの厳しさは、あの豊田真由子議員を彷彿とさせるとか。

 立憲民主党にはもう一人、目玉の女性候補がいる。令状なしのGPS捜査は違法だという最高裁判決を勝ち取った、美人過ぎる弁護士・亀石倫子(45)である。

 私は、彼女なら楽勝だと思っていたのだが、新潮によればそうではないという。それは、選挙区が大阪だということに尽きる。自民、公明、共産の現職が強い。そこの維新の会が2人も候補者を立てたからである。

 綺麗で弁舌が爽やかでも、大阪向きではないというのである。なるほどそうかもしれない。

 永田町の壇蜜といわれているのは三重県選出の吉川有美自民党候補(45)だ。たしかにちょっと似ているかもしれない。

 だが彼女、地元は回らない、支援者のところにも行かないので、地元の県議や市議の評判が最悪だというのだ。これで落ちたら自業自得である。

 お次は山形県選出の大沼瑞穂議員(40)。彼女、予算委員会で安倍首相に質問した際、安倍が「ただいまのフクシマ委員の御質問を伺っておりまして」と、あろうことか、社民党の福島瑞穂議員と間違われてしまったそうだ。

 以来、安倍首相との2ショット写真も拒否しているという。いいじゃないの、安倍と写っていないほうが、選挙民には好感を持たれるかもしれない。

 私は、国民民主党の参議院比例区の候補になった、小山田経子(41)という女性は全く知らない。何でも彼女、過去に『先生が下着姿になったら』『現役行政書士 今日の情文』という映像をリリースしたことがあるそうだ。

 玉木代表は、こうしたことを知って公認したのだろうな。

 都議時代に、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」というヤジを浴びせられ名を知られた塩村文夏元都議(40)は、立憲民主党公認で、東京選挙区から出馬するそうだ。

 彼女は女性層に人気があるのではないかと思っていたのだが、新潮によれば「女が許せない女」なんだそうである。新潮が挙げる嫌われる理由がイマイチよくわからないが、6議席を自民党の丸川と武見敬三、山口、共産党の吉良佳子、勢いのある山本太郎などが争う激戦区で、当選するのは大変なことであろう。

 元「筆談ホステス」として知られる斉藤里恵前東京都北区議(35)も立憲民主党から比例区で立候補した。彼女たちの健闘を祈りたい。

 ヤマトホールディングスの100%子会社にヤマトリースというのがある。

 そこの小泉弘社長のパワハラがすごいと文春が報じている。

「お前ら殺されるぞ。本当に。分かる、これ?そのくらい(の給料)もらってんだよ。殺されるよ。本当、ふざけんなよ。馬鹿たれ! それも分からねぇから問題なんだよ」

 小泉が社長に就任したのは、前社長が引っ越し代水増し請求問題で降格処分になり、リリーフ登板だったという。

 先の発言は、ある支店長会議の後に開かれた懇親会での発言。

 小泉社長が不満を持っているのは、40代で1000万円に届く社員がいるというヤマトリースの給与水準だという。

 だがこれは間違いだと、社員がいう。多くは500万~600万円程度だそうだ。

 だが、

「一千万もらうんだったらちゃんと働けよ。二十四時間働きゃいいじゃない」

 といい放ち、恐竜は滅びたけれどゴキブリは滅びてない、だからゴキブリ精神でやれよと、支離滅裂ないい方で、社員に激を入れるという。

 親会社は、事実確認中だというが、こんなのがトップにいたら、社員はやる気を失うだろうな。

 文春の巻頭記事は、教え子の中2の女子生徒の自宅に押し入り、彼女をクルマで連れ去って逮捕された内田慎也容疑者(27)についてである。

 内田は、群馬県の私立新島学園中学校の数学の教師で、被害者の担任だった。

 この中学は、同志社大学を設立した新島襄に師事した地元の実業家が、1947年に開校したミッションスクールで、県内では格式の高い名門校として知られているそうだ。

 内田は、被害生徒に対して、「好意があった」「わいせつ目的だった」と供述しているという。

 内田は、高崎市内の一軒家で、母親と妹と3人で暮らしていた。文春によれば、父親は秀才だったが素行が悪く、大学には行かず、自宅には寄り付かなかったそうだ。

 内田が高校生の頃、父親は風俗店で、高校2年の女子生徒(17)を雇って、客とわいせつな行為をさせようとしたとして逮捕されている。2年後にも、15歳の女子中学生を風俗店に斡旋しようとした容疑で逮捕されているという。

 内田のほうは父親とは違って堅実に大学へ進み、教員採用試験に落ちたものの、新島学園で非常勤講師の口を得る。

 昨年から、担任を受け持つ専任講師に昇格した。生真面目で入念に授業準備をするという評判だったようだ。

 7歳下の妹を可愛がり、母親との関係も良好だったという。だが、真面目なその反面、ロリコン趣味があり、「教え子と結婚するのが夢」だと語っていたそうだ。

「女子生徒の胸を触った」「女子生徒の更衣室を開けた」などという指摘が、保護者から出ていたこともあるが、同校の教頭は、内田から聞き取りもしたが、「誤解だったと認識している」と文春に語っている。

 さらに教頭は、「彼の本質を見抜けなかったことは大きな問題ですが、逆に学校としては、内田氏に担任を任せて許容量を超える仕事で追い詰めたのではないかとも思っています」と語っている。

 この記事を読む限り、教え子を無理やり誘拐するなど、教師としてあってはならないことだが、普段は仕事熱心な真面目な教師だったのだろう。

 文春は、内田は自らが嫌がっていた父親と同じ轍を踏んだと書いているが、そうだろうか。「県警の暴力団担当者の間では有名な存在」(群馬県警関係者)だった父親と、教師として地道に人生を歩んできた息子とでは、交わることのない道だったはずである。

 思うに、真面目だったがゆえに、女性への接し方もわからなかった27歳の男が、一途な思いの深さが故に暴走をしてしまった。そう考えるのは甘すぎるだろうか。

 今週の第1位は、各誌の貴乃花にまつわるお話に捧げる。

 フライデーにいわせると、貴乃花一家は「日本一有名な家族」だそうである。有名かどうかは置いておくが、いつまでたってもお騒がせ家族であることは間違いない。

 貴乃花と離婚した河野景子(54)に、新しいパートナーができたとフライデーが報じている。相手は有名イタリアンのオーナーシェフだそうだ。

 元夫を抜きに、家族が揃って、そのイタリアンで食事をした。その夜から3日後、原宿の中華料理店でも、彼女はその男性と食事をし、その後、裏路地にあるマンションへ入って行ったという。

 その後も、河野は一人でそのイタリアンで食事をしている姿が目撃されている。

 このシェフの父親は、マガジンハウスで『POPEYE』や『BRUTUS』を創刊した編集者だというから石川次郎である。次郎さんの息子だけに、女にモテるのだろう。

 一方のご本人は、元妻と比べて華やかさが失われているようだ。新潮によると、最近、神楽坂で貴乃花(46)の姿が目撃されているという。それも一人で、「コップ酒を4杯飲んでいた」「一番安い3000円のコースを食べた」という、妻の食生活とは程遠いショボいものだそうだ。

 稽古場もあった事務所を引き払い、神楽坂の築30年の3階建ての一部屋に移ったそうである。広さは19平方メートルのワンルームで、家賃7万円だという。

 私はその隣の駅の早稲田にオフィスを借りているが、家賃は9万円。何だか哀愁が漂ってくるではないか。

 お騒がせは貴乃花一家だけではない。FLASHによると、兄の花田虎上と離婚して、4人の子どもを連れてハワイへ移住した前妻・花田美恵子(50)は、しばらくしてハワイ在住の男性と結婚していたそうである。

 その間、虎上は養育費を送り続けていたそうだが、その男性とも別れて、昨年12月に、13歳年下の日本人男性と結婚したという。美恵子は「再婚」といっているが、その前にも一度結婚していたことは元夫にも話していないそうだ。(文中敬称略)

【巻末付録】

 現代から。「写真家・大倉舜二が撮った『スターの世界』」。前半は女優は少ない。

 後半の「写真家・大倉舜二が撮った『スターの世界』」は「撮影当時は公開できなかった完全未発表ヘアヌード 大谷直子」。なかなかの迫力。

 次は「写真家・大倉舜二が撮った『スターの世界』」で、「范文雀 プライベート・ヘアヌードがあった」。彼女好きだったな。いい女だね、今見ても。

 袋とじは「新進女優・藤崎里菜、思わず二度見する『Hカップ・ヌード』」。これだけあったら重たいだろうな。

 ポスト。「麗しき女、深田恭子-世界一、幸せな瞬間」。当然、ヌードではない。

 袋とじ「アグネス・ラム、ビキニの女神、砂浜の恋人-元祖グラビアアイドル」。今見ても、やっぱりすごい迫力だ。

 袋とじ「PLAYBOYの表紙を飾った謎の日本人女性<紗世>」

 後半の袋とじは「美女アスリート女性器測定会-SEXのお悩み研究」。これは企画倒れだ。「エロ本全史/昭和・平成時代に男たちのスケベ心を刺激した傑作エロ本」

「飛鳥凛、28歳艶めいて-演技派女優の透き通るカラダ<撮り下ろし>」なかなか雰囲気のある女性だ。

「ビキニでご当地ビール、ゴックン!-東京で味わえる出身地の人気銘柄」。早く暑くなれ!

 最後の袋とじ「シリーズ初脱ぎ/河西乃愛さん。22歳-勇気を出して初めて晒した白肌」

 量的にはポストが圧倒しているが、現代の大谷直子と范文雀のヘア・ヌードもいい。迷った末に現代の勝ち。

【告知】

 7月の「ノンフィクションの醍醐味」は、傑作ノンフィクション『ルポ 川崎』を書いた磯部涼さんにお越しいただきます。

日時は7月19日、金曜日、午後7時から

場所は、カフェ・ミヤマ 高田馬場駅前店2号室

東京都新宿区高田馬場2-17-4 菊月ビル地下1階(電話は03-5292-5772)

(地下鉄東西線・高田馬場駅から濡れずに行けます)

直接、当日、おいでください。

レギュラーメンバー以外の参加者はコーヒー・会場代1000円を会議終了後に集めさせていただきます。

二次会もあります。

磯部涼(いそべりょう)さんの紹介

ライター。主に日本のマイナー音楽、及びそれらと社会の関わりについてのテキストを執筆。単著に『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版、2004年)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト、2011年)、『ルポ 川崎』(サイゾー、2017年)がある。

その他、共著に九龍ジョーとの『遊びつかれた朝に――10年代インディ・ミュージックをめぐる対話』(ele-king books/Pヴァイン、2014年)、大和田俊之、吉田雅史との『ラップは何を映しているのか――「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで』(毎日新聞出版)、編者に『踊ってはいけない国、日本――風営法問題と過剰規制される社会』(河出書房新社、2012年)、『踊ってはいけない国で、踊り続けるために――風営法問題と社会の変え方』(河出書房新社、2013年)等。

最終更新:2019/07/09 09:18
12345
こんな記事も読まれています

嵐・松本潤がジャニー喜多川社長の病状を発表……なぜ近藤真彦や東山紀之ではなかったのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真