日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ガチアイドルにAVデビュー!

あのガチアイドル歌手にAVデビュー間近の声! 不倫騒動からの家庭崩壊で決意か

イメージ画像/出典:Kyrre-Gjerstad

 平成時代を疾走したアイドルらが、こぞってSNSでママタレに転身する令和の昨今。一強の勝ち組・辻希美以外は討ち死の様相を呈し、ジリ貧の芸能生活を余儀なくされているようだ。

 そんな中、 一部AVレーベルが口説きにかかっているのが、スーパーアイドルの名をほしいままにしてきたGだという。

「Mは今年3月に元交際相手との不倫が発覚し、その後、夫が男性を訴えて裁判に発展しました。今月に入り、Mはインスタを再開し、さらに写真誌に夫婦ツーショットの写真を掲載させて、活動再開をアピール。しかし、夫婦関係はもはや崩壊寸前で、M本人も別れる方向で準備を進めてます。そんな彼女に身内でもあるYが”救いの手”を差し伸べているようです」(週刊誌記者)

 Yといえば、人気絶頂のMに続いて芸能界デビューするも飲酒が発覚して引退へ。その後、逮捕歴もあるいわくつきの人物である。

「Y周辺では5年前にも、MのAVデビューを画策する動きがありました。大手メーカーが数千万単位の契約を提示し、撮影直前まで話が進んだと言われてます。しかし、Y氏の取り分でもめて話は頓挫し、Gは一般人男性と結婚してしまいました。その幻のAVデビュー話が今回の騒動を受けて再燃しているんです」

 Y氏は、DV説がささやかれるMの夫の行動に不信感を募らせているようだ。またMは結婚後、度を越えた束縛のせいで芸能活動を「Instagramでのタイアップ広告」と、たまに行われるかつての所属グループのイベントくらいに制限されているようだ。

 かつてのトップアイドルが”週の食費を4000円”に節約する凋落を見れば、Yとして我慢ならないのは無理もない。

「不倫でイメージを損ってしまい、ママタレ活動やCMなど、まっとうな復帰の道は難しい。しかし、SNSで見せる肌艶は”劣化を感じさせない”とむしろ評判です。まだ30代前半とあって商品価値も高いので、AVデビューは確実に近付いています」

 母親業に商機を見つける者もあれば、アダルトな魅力を求められる者もある。世を席巻したトップアイドルの第2ラウンドから目が離せない。

最終更新:2019/07/14 17:59
こんな記事も読まれています

あのガチアイドル歌手にAVデビュー間近の声! 不倫騒動からの家庭崩壊で決意かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真