日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小島瑠璃子、体型への指摘に苦言

小島瑠璃子、”細すぎ!太った?”自身の体型への指摘に苦言で波紋広がる「一般人ならともかく……」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

小島瑠璃子

 小島瑠璃子が自身の体型に関する指摘に苦言を呈して波紋が広がっている。

 13日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)でグラビアを披露していた小島。自身のインスタグラムではオフショットもたびたび掲載していたが、そんな中、14日のインスタグラムポストでオフショットを披露しつつ、「ちょっと思ったこと」と前置きし、自身の心境を明かした。

 小島は、「コメントの中に細すぎだよ!とか太った?とか沢山書いてあって、この時代にそういう事言ってもいいって思ってる、言いたい人がいるんだなー。ってちょっとだけブルーになりました」と吐露。 

 さらに小島は自身の体型について、腕と足はガリガリであるものの、お腹にはお肉が付きやすいことを明かし、「太ってようが痩せてようがその人にあった体型があって、笑って暮らせる体型でいるのが一番人間らしい。それを他人が太ってる痩せてるっていうものさしで決めるのは窮屈だなって思います」と断言。「とはいえ、私も気をつけよ」としつつ、「距離感が近いひとに、世間話として痩せたー?とか太ったー?とかも、その人がどう思ってるかわかんないな」とつづっていた。

 こうした投稿に小島のインスタグラムには、「ナチュラルであることが受け入れられる、人に優しい社会になるといいですよね!」「いいこと言う!素晴らしいです!」といった励ましの声が集まっていた。

 しかし、その一方でネット上からは、「素人の子の言い分なら分かるけど、それでお金稼いでるなら言われるのはしょうがないんじゃない?」「一般人ならともかくグラビアに写真をのせて対価を貰っている以上、仕方が無いと思う」といった苦言も噴出。

 また、小島の発言については、岡副麻希からの「言葉に表せるるーちゃんかっこいい!」といったコメントをはじめ、菊地亜美、平愛梨、あびる優、舞川あいくなど多くの女性タレントからも賛同の声が集まるなど、多くの人の関心を集めている。

最終更新:2019/07/17 09:55

小島瑠璃子、”細すぎ!太った?”自身の体型への指摘に苦言で波紋広がる「一般人ならともかく……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真