日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 近藤春菜激怒!吉本と芸人の関係

近藤春菜まで吉本興業の大幹部に反論 吉本興業と芸人の関係はどうなっているのか?

ハリセンボン・近藤春菜

 吉本芸人13人の「闇営業問題」は、吉本興業の「契約書問題」に発展。これを受け、新聞社などのインタビューに応じた吉本興業ホールディングスの大崎洋会長は「契約関係は法律上成立している」「民法上も、口頭で成立します」などと説明した。

 ところが、これに反論したのが吉本所属のハリセンボン・近藤春菜だった。

「自身が出演する『スッキリ!!』(日本テレビ系)で、春菜は吉本の対応の遅さを指摘。さらに、大崎会長の発言にも『芸人がお互い(契約内容に)同意してないと。(私は)口頭でも聞いた覚えないですし、会社の(ギャラの)取り分とかほかの部分に関しても(聞いた覚えが)何もない』と批判しました」(テレビ誌ライター)

 さらに、キングコング・西野亮廣は17年のブログで「僕は吉本の所属タレントでもありません」と明言している。

「西野も吉本とは契約していないと明かした上で、『ウィンウィンの関係でいられるなら一緒にいましょうね』という“お得意様”という言い方をしています。多数の著書を上梓し、今では出版界のヒットメーカーとなっている西野ですが、書籍の印税は吉本に入れる必要がないという認識を持ちつつも、あえて吉本に落ちるようにしているとブログに明かしています」(芸能記者)

 その理由は、先輩芸人たちが同じように会社にお金を落としてくれたからこそ、デビュー1年目の自分が劇場に立てたという思いがあるから。その恩を返すために、今度は自分の印税で後輩に回ればいいと語っている。

「とはいえ、大崎会長の『口頭契約』の主張とは意味合いが違いますし、芸人の多くは書面で契約を交わしたいと思っているはずです」(同)

 叩けばホコリが出まくりそうな吉本。闇営業問題で頑なに会見を開こうとしないのも、この件を追及されたくないからかもしれない。

最終更新:2019/07/20 23:58
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed