日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > TWO WEEKS、美尻が話題

あの女優は誰?『TWO WEEKS』初回8.4%の微妙スタートも“美尻すぎる死体”が話題に!

関西テレビ放送公式ホームページより

 あまりに魅力的な“死体”に、視聴者からは歓喜の声が上がることとなった。

 7月16日にスタートしたドラマ『TWO WEEKS』(フジテレビ系)。初回視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわなかったが、主演の三浦春馬以上に注目を浴びた人物がいた。

 同ドラマは、殺人の濡れ衣を着せられた三浦演じる主人公が、白血病の娘の命を救う手術を受けるために、2週間の逃亡劇を図るサスペンス。第一話では、主人公が殺人現場に居合わせ、そのまま逮捕されたのだが、その女性死体があまりに艶っぽかったと話題になっている。

「三浦が目を覚ますと、立花恵理演じる女性の死体が血だらけで横たわっていました。その彼女はパツパツのズボンを履いていたため、ヒップの形が丸わかり。しかも下着のラインが見えていなかったことからTバックやノーパン疑惑が浮上することに。ネット上では『美しいヒップ!』『このケツが観られただけでよかった』『あのコはいったい誰?』と大盛り上がりになり、ドラマについてのコメントのほとんどがヒップ関連の話題で埋め尽くされたほどでした。立花は初回で殺されてしまいましたが、多くの視聴者は次回以降も回想シーンでの登場を期待しています」(テレビ誌ライター)

 その立花といえば、ファッション誌「ViVi」(講談社)の専属モデルを務めているが、以前から自身のヒップ磨きには余念がなかったようだ。

「彼女はお尻周りを重点的に意識しているそうで、内股で立つとお尻が下がって形が崩れてしまうため絶対にNGだと読者にアドバイスしています。ひょろひょろ体型がコンプレックスだった時もあったようですが、今は自分の“まる尻”がお気に入りで『腰回りが細い分、お尻が目立つんだけどそこがチャームポイントかなって最近は思ってる。この曲線はキープしていきたい』と語っていました」(女性誌編集者)

 “美尻すぎる死体”をきっかけに女優としてブレイクできるか?

最終更新:2019/07/18 17:55
こんな記事も読まれています

あの女優は誰?『TWO WEEKS』初回8.4%の微妙スタートも“美尻すぎる死体”が話題に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真