日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『イッテQ!』に大ブーイング!

24時間マラソンランナーを発表した『イッテQ』に大ブーイング! 不祥事続きで崖っぷちに

内村光良

『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーが、7月14日放送の『世界の果てまでイッテQ!』内で発表された。

 今回のチャリティーマラソンは、4人のランナーがそれぞれ42.195kmを走って襷をつなぐ駅伝方式。『イッテQ』では、4人のランナーのうち、2人がいとうあさことガンバレルーヤ・よしこであることが、番組MCの内村光良から発表された。

「このところ不祥事が続いたこともあって、裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)にずっと視聴率で負けている『イッテQ!』にとっては、注目されるマラソンランナーの発表は起死回生の一手だったということでしょう」(テレビ局関係者)

 そのおかげもあってか、この日の『イッテQ!』は平均視聴率17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高い数字をマークしたが、『ポツンと一軒家』はそれを上回る19.3%だった。

「マラソンランナーの発表は番組の最後まで引っ張ったせいでウンザリしてしまい、『ポツンと一軒家』にチャンネルを変えた視聴者も多かったと思います。重大発表を最後にするのは常套手段ではあるけれど、それで視聴者を騙せるほど甘くはないのではないでしょうか」(ベテラン週刊誌記者)

 また、4人のランナーのうち2人しか発表しなかったことについても、批判的な意見が多い。とある構成作家はこう話す。

「もう一度、今回のように『イッテQ』内で発表し、視聴率を稼ぎたいと思っているのでしょうが、さすがに姑息すぎますね。こういう古臭い手法を使っているから、『ポツンと一軒家』に視聴者を取られてしまうんです」

 それにしても、どうして今回、「駅伝方式」となったのだろうか。前出の構成作家はこう分析する。

「かつてはチャリティーランナーに無茶な距離を走らせて、番組内でゴールできるかどうかというチャレンジをさせていましたが、ここ数年はランナーの健康のことも考慮して、走行距離はかなり控えめに設定。実際問題としては、ゆっくり歩いてもどうにか番組内にゴールできるくらいのイメージです。つまり、『チャレンジ』という要素で演出できないがゆえに、別の切り口が必要となる。それが今回『駅伝』だったのでしょう。ランナー同士の絆や、あるいは『イッテQ』メンバー同士の絆という部分にスポットを当てて、感動的に見せていくのだと思います。

 一連のヤラセ疑惑問題のほか、みやぞんやバービーがロケ中に負傷するなど、不祥事が相次いでいることも影響しているようだ

「あまりにもやらかしすぎていて、『イッテQ』はBPOにも目をつけられているし、日テレ社内でも終わらせるべきではないかという意見も出ているそうです。次に何らかの不祥事が起きたら、即終了だとも言われている。そんな中でのチャリティーマラソンは、いわばラストチャンスのようなもの。絶対に成功させなければならないし、どうにかして事故は避けなければならない。リスクを負えない状況であるがゆえに、駅伝方式というヌルいものになったのではないでしょうか」(同)

『イッテQ』は、24時間テレビの“チャリティー駅伝”を成功させて再び浮上できるのか、それとももうここまでなのか。人気番組が崖っぷちに立たされている。

最終更新:2019/07/20 12:03
こんな記事も読まれています

24時間マラソンランナーを発表した『イッテQ』に大ブーイング! 不祥事続きで崖っぷちにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...
写真