日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ガッキーそっくりのCM美女

新垣結衣そっくりのCM美女・小川紗良、「ずっとガッキーだと思ってた」の声に関係者もニンマリ

ヒラタ・オフィス公式ホームページより

 企業が手っ取り早く会社名をアピールしたり、商品を宣伝するには、売れっ子芸能人をCMに起用するのが一番だが、もちろん売れっ子は出演料が高い。そんななか、多くの人が「これは……新垣結衣?」と見間違えるCMが話題になっている。

 問題のCMは、東京海上日動あんしん生命が7月初めから放送しているものだ。その内容は、スキマスイッチの名曲『全力少年』をバックに、1人の少女が大自然の中を駆け抜け、山の頂から絶景を見下ろすというもの。

 同社によれば、「もっと思いっきり生きる」というメッセージが込められているというが、放送直後からネット上には、「東京海上日動のCMずっとガッキーだと思ってた えっソックリ」「東京海上日動あんしん生命のCMの子ガッキーだと思ったら違かった!!びっくり!すごく似てる」「東京海上日動のCMの子、新垣結衣かとおもってたら違うんか!」という声が上がるほど、出演している女性がガッキーそっくりなのだ。 

 実際に出演しているのは女優の小川紗良。1996年生まれの彼女は、主演映画『イノセント15』が海外4か国の映画祭で上映されるなど、女優として活躍する一方、早稲田大学在学中には映画監督としても活動し、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)にも出演している。広告関係者がいう。

「私も東京海上日動あんしん生命のCMをチェックしましたが、本当に新垣結衣にそっくりですね。新垣はGMOクリック証券のCMで、大自然の中でロケをするシリーズを展開しており、ガッキーだと思った人は、恐らくそのシリーズを思い浮かべたのでしょう。

 確かにGMOに寄せたような印象はあります。2006年の『ポッキー』のCMで大ブレイクした新垣は、それ以来ずっと起用社数も出演料もトップクラスをキープしており、出演料は5,000万円を下りません。もしガッキーと見間違えてくれたとすれば、東京海上日動あんしん生命は“してやったり”でしょう」(広告関係者)

 ガッキーに見間違えられたのなら、若手女優にとってもそれは勲章。「小川紗良」という名前は覚えておいて損はなさそうだ。

最終更新:2019/07/21 06:55
こんな記事も読まれています

新垣結衣そっくりのCM美女・小川紗良、「ずっとガッキーだと思ってた」の声に関係者もニンマリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真