日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニー喜多川氏と反町隆史

ジャニー喜多川氏の家族葬で刻まれた「平家派」の文字に、元メンバー反町隆史は何を想う?

反町隆史

 7月12日、ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏の“家族葬”が、東京渋谷にあるジャニーズ事務所の関連会社・ジャニーズアイランドの稽古場で営まれ、所属タレントとジャニーズJr.ら総勢約150人の“子供たち”が参列した。

 遺影の周りのプレートには、ジャニー氏が育てあげたフォーリーブスや郷ひろみ、田原俊彦、シブがき隊、光GENJI、平家派、SMAPといった解散・退所したグループやタレント名がすべて刻まれていたという。

 ジャニー氏がこれほどまでスターを生み出せたのは、才能を見抜く眼力と共に、グループにつける独特のネーミングセンスがあったればこそ。

「7月18日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、ジャニー氏は歴史が好きで楠木正成などの話をよくしていたとのこと。光GENJIに対抗して平家派を作ったときも『かっこいいねえ』と自画自賛していたそうです」(週刊誌記者)

 今では決して表沙汰にならないが、その『平家派』に所属していたのが俳優の反町隆史だ。ベテランの芸能記者が言う。

「本名の野口隆史として、中学3年でジャニーズ事務所入りし、平家派の一員として光GENJIのバックダンサーを務め、ローラースケートを履いて頑張っていたものです。平家派はなかなか人材の宝庫で、TOKIOの城島茂、国分太一、元メンバーの山口達也、V6の井ノ原快彦、坂本正行、長野博のほか、後期WANDSのボーカリスト、和久二郎なども在籍していました」

 反町も「元家族」として、お別れ会には出席したかったに違いない。

最終更新:2019/07/21 11:55
こんな記事も読まれています

ジャニー喜多川氏の家族葬で刻まれた「平家派」の文字に、元メンバー反町隆史は何を想う?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

アメフトを見れば国の内情が分かる!?

 今、日本で最も注目を集めている競技といえば、アメリカンフットボールで間違いないだろ...
写真