日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > “相棒”反町、連ドラ主演は大丈夫?

“相棒”反町隆史、アルバイトしても大丈夫なの? 7月期にテレ東で4年半ぶりに連ドラ主演

文=田中七男

相棒反町隆史、アルバイトしても大丈夫なの? 7月期にテレ東で4年半ぶりに連ドラ主演の画像1
『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』公式Twitter(@Biz_legalheart)より

 テレビ朝日系の鉄板ドラマ『相棒』で、主人公・杉下右京(水谷豊)の“4代目相棒”冠城亘としてのイメージがすっかり定着した反町隆史が、7月期にテレビ東京「ドラマBiz」枠の『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』で主演することがわかった。

 反町が連ドラ主演を務めるのは、2015年1月から2月に放送された『限界集落株式会社』(NHK総合)以来、約4年半ぶりで、同10月にスタートした『相棒season14』から同作のレギュラーとなって以降では、初となる。

『リーガル・ハート』の原作は現役弁護士・村松謙一氏の著書『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(KADOKAWA)で、脚本は『SPEC』シリーズ(TBS系)、『民王』(テレ朝系)、『家政夫のミタゾノ』第1シリーズ(同)などを手掛けた西荻弓絵氏が担当。

 日本の企業のうち、99.7%は中小企業だが、年間8,000件以上に及ぶ倒産から救うことに心血を注ぐ弁護士の熱き姿を描いた作品だ。

 そこで、問題になりそうなのは、反町の『相棒』との“兼業”だ。反町は10月に放送開始予定の『相棒season18』でも続投が有力とされているが、テレ東ドラマで主演することで、水谷のご機嫌を損ねないか危惧されるのだ。

「水谷は『相棒』で、キャスティングの権限ももたされているといいます。その水谷は、メインキャストには、できるだけ『相棒』に専念することを望んでいます。そのため、右京が行きつけの小料理屋『花の里』の2代目女将・月本幸子役を演じていた鈴木杏樹が、現在オンエア中のNHK連続ドラマ小説『なつぞら』への出演を決めた影響もあったのか、3月で終了したシーズン17をもって卒業となってしまいました。今クール、神保悟志が『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)で、『相棒』と同じ刑事役を務めていますが、水谷は不快感を覚えていると聞きます。そうなると、ほかのドラマで主演する反町のクビは大丈夫なのか? との不安がよぎります」(テレビ誌関係者)

 ただ、反町に関しては、問題ないだろうとの向きもあるのも確かだ。

「反町が“4代目相棒”に就任してから、『相棒』の視聴率は降下して、当初水谷は、そのことをひどく気にしていました。そのため、反町の早期降板説が飛び交ったのです。しかし、反町がうまく取り入って、今では二人は私生活でも交友があるほど親密な関係になり、水谷は反町のことをかわいがっています。“2代目相棒”神戸尊(及川光博)、“3代目相棒”甲斐享(成宮寛貴)が実質3シーズンで降板したのに対し、反町は4シーズン目を終え、さらに続投が見込まれています。そういう仲ですから、当然反町はテレ東から話があった時点で、水谷に相談し、了解をもらっているからオファーを受けたのでしょう。従って、反町に関しては、水谷の怒りを買うようなことはないと思われます」(テレビ制作関係者)

『相棒』への出演期間が長くなれば、その役のイメージが強くなってしまう。反町とて、たまにはほかの役を演じてみたいだろうし、久しぶりに主役も張ってみたい気持ちもあるだろう。当の水谷も、自身で監督、脚本、俳優を務めた映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』が公開されたばかり。あまり、ほかのキャストの“兼業”に口をはさむ立場でもないという気もするのだが……。
(文=田中七男)

最終更新:2019/05/20 08:00

“相棒”反町隆史、アルバイトしても大丈夫なの? 7月期にテレ東で4年半ぶりに連ドラ主演のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

アントニオ猪木「猪木といえば●●」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真