日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > オアシズYouTuberに

オアシズ大久保&光浦のYouTuberデビューに期待の声! 今後も芸人が続々参入しそうなワケ

オアシズ・大久保佳代子

 テレビだけが活動の場という時代は終わった?

 女性お笑いコンビ・オアシズが自身のYouTubeチャンネル「オアシズの悩みばかりの人生でした」を始動、最初の動画が7月28日に公開されるという。

「同チャンネルでは、寄せられたさまざまな悩み相談にオアシズが独自の切り口で回答。大久保佳代子が『念願のYouTuberデビューしました。緩めなほうが、YouTube的だと思い、いつもよりダラダラしてしまいました。でも、とても楽しかったので、緩い気持ちで、一度観てみてください』と語れば、光浦靖子も『そのうちちゃんとします。がんばります』と意気込みをコメント。ネット上でも『初めてYouTuberで観たいと思った』『光浦さんの手芸動画を観たい』などと期待する声であふれています」(芸能ライター)

 “カジサック”ことキングコング・梶原雄太がチャンネル登録者数100万人を突破したことを機に、最近はYouTuberとなる芸能人が急増している。

「自虐ネタで一世を風靡したヒロシは『ひとりキャンプ』動画をアップしたことで人気が再燃。女優の夏菜は酒を飲みながら本音を吐く動画、辻希美は夫の杉浦太陽と“踊ってみた”動画がそれぞれ注目を浴びています。他にも元SMAP・草なぎ剛も参戦するなど、知名度を利用してユーチューブに活路を見いだそうとしている人が多い」(芸能記者)

 世間を賑わせている吉本興業も、「新たな金脈」としてYouTube事業に力を入れているようだ。とりわけ、お笑い芸人とYouTubeの愛称はバツグンにいい。地上波でダラダラした番組のひな壇に座るくらいなら、忖度なしでやりたいことができるYouTubeのほうが自分たちの良さ伝わりやすいだろう。

 また、最近は芸人のコンプライアンスが問題になり、メディアとの間で損害賠償が話し合われることが増えるなど、仕事をテレビ一本に絞るのはリスクが高いという考えもある。

「いまや子どもたちの間では、テレビよりYouTubeのほうが定着していて、ちゃんと自分の好みでチャンネル選別もしている。テレビに出ていない芸人でも十分稼げる余地がありますし、名の知れた芸人でもテレビに出つつ、YouTubeメインに変えていくのも賢いやり方だと思います」(放送作家)

 芸人たちがYouTuberとして稼げるようになれば、上層部のパワハラや事務所とのギャラの取り分も気にならなくなるかもしれない?

最終更新:2019/07/31 14:21
こんな記事も読まれています

オアシズ大久保&光浦のYouTuberデビューに期待の声! 今後も芸人が続々参入しそうなワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真