日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大久保佳代子に漂うたけしイズム

大久保佳代子、女芸人随一の“男ウケ”の秘訣は“たけしイズム”にあり?

撮影=尾藤能暢

“肉食女子の代弁者”としてポジションを確立している大久保佳代子。その立ち位置を盤石なものにしながら、実は彼女のフェミ濃度はそれほど高くないように思う。そのため、女芸人の中で、男ウケ度がとりわけ高い存在でもある。男と女の思考や嗜好は異なるが、彼女の感性はかなりニュートラルなところに位置しているのではないか。

■たけしの写真を前に、キャラを忘れ、本音が出る大久保

 8月6日放送『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)のテーマは、60~80年代のいい男を語り尽くす「勝手に語り継ぎたい 夢中になった昭和のイケメン」。この日のゲストに招かれたのが、大久保である。

 肉食女子だけに、こんなテーマならば彼女は前のめりだ。津川雅彦が演じたラブシーンに衝撃を受け「処女を捧げたかった」と願望を抱いていたことや、シブがき隊時代の薬丸裕英のワイルドさにハマッていた過去など、次々とエピソードを明かしていく大久保。この手のトークは彼女の十八番で、ある意味、パブリックイメージそのままに番組は進んでいった。

 そんな彼女のテンションが一変したのは、ビートたけし(事故前)の写真が提示された瞬間。

大久保「やぁーっ、ちょっと!」

石橋「どうしたの?(笑)」

大久保「いやぁ、もうね……(笑)」

 実は彼女、思春期から現在に至るまで、首尾一貫したビートたけし信奉者なのだ。

「本当に男として……。(たけしの写真を指さして)イケメンじゃない? イケメンでいいよね、これ? 色気があって。また当時、派手でお洒落なフィッチェのセーターとか着てて、メチャメチャ格好良かったんですよ! いい車乗って、お姉ちゃん抱いて」

 明らかに、さっきまでのテンションとは異なる。タレントとして“肉食女子”を振る舞う中、冷静でいられなくなり本音が出てしまった。

123

大久保佳代子、女芸人随一の“男ウケ”の秘訣は“たけしイズム”にあり?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真