日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ、吉本興業に感謝か

ジャニーズ事務所、ジャニー氏のネガティブ報道を打ち消した吉本興業の騒動に一安心

ジャニーズ事務所

 複数の所属タレントが事務所を通さないで、反社会的勢力から金銭を授受していた闇営業問題。これに端を発した吉本興業を揺るがした騒動だが、いつの間にか“お家騒動”に発展してしまった。

 騒動に点火したのはお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次。自身がMCを務める日本テレビ系『スッキリ』で、現体制が変わらなければ自身が退社することを宣言した。

「すっかり“加藤の乱”として定着してしまった騒動ですが、OBの島田紳助さんも介入するなど、まだまだ落としどころが見つかりません。おかげで、民放各局のワイドショーはそこも視聴率が普段よりも良いそうです。各スポーツ紙も連日ネタには困らず、吉本に感謝したいくらい、とスタッフは漏らしています」(芸能デスク)

 ただ、芸能ネタでいうと、今月9日にはジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が死去。その直後はワイドショーもスポーツ紙もジャニー氏の追悼特集一色だったが、一段落するとジャニーズ事務所にとって由々しき事態を迎えてしまった。

「ジャニーズは今年に入って会見に東京スポーツ、日刊ゲンダイ、『週刊女性』(主婦と生活社)など、昨年まで取材NGだったメディアを呼び込むようになり、キムタクの会見ですら、声をかけるようになりました。それで手なずけていたと思ったんでしょうが、ジャニー氏が亡くなると、てのひらを返したようにネガティブな連載をスタートさせた媒体も相次いだ。その際、ジャニーズから“問い合わせの連絡”は来ているようですが、記事がとまるわけでもなく、ジャニーズ幹部は相当頭を悩ませてるようです」(テレビ局関係者)

 ところが、吉本興業の騒動が弾けてしまったため、各メディアは吉本一色に塗り変わった。

「いつの間にか、ジャニーズのネガティブ記事は忘れ去られ、結果的に吉本に救われた形になりましたね」(前出・芸能デスク)

 芸能界では構造改革が叫ばれているが、ジャニーズがすり寄ったことにより、芸能メディアも転換期が訪れているのかもしれない。

最終更新:2019/07/29 10:09
こんな記事も読まれています

ジャニーズ事務所、ジャニー氏のネガティブ報道を打ち消した吉本興業の騒動に一安心のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太”異色”対談

 ラッパーの5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。前...
写真