日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『Iターン』見どころは鈴木愛理?

『Iターン』第3話で猛フィーチャー! 鈴木愛理がかわいすぎる!! 

文=寺西ジャジューカ

テレビ東京『Iターン』

 7月26日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第3話。ムロツヨシ演じる主役・狛江光雄のサラリーマンとヤクザの二重生活がいよいよ本格化し始めた回だった。

第3話あらすじ 古田新太との連携で恐喝に手を染めるムロツヨシ

 狛江は、ネット会議で阿修羅支店の成績が上がっていないことを上司の高峰博之(相島一之)からネチネチと叱責される。同席していた部下の柳直樹(渡辺大知)は高峰のパワハラに憤りを感じ、「ダメ元でアタックしてきます!」と丸越百貨店の部長・深町智博(TKO木下隆行)の元へ出かけていった。一方、もう1人の部下・吉村美月(鈴木愛理)は「2人きりでご飯行きませんか?」と、狛江に意味深な誘いをかけてきた。

 浮かれた狛江が帰宅すると、ピッキングでドアを開けた岩切猛(古田新太)が部屋の中で待っていた。岩切は迷惑料500万円を催促し、さらに丸越を抱き込んで印刷屋を使ったキックバックで金を作れと脅してきた。狛江は深町にもう一度接待をさせてほしいと頼み込み、美月が気になる深町は了承した。

 1軒目は深町行きつけの高級寿司店で食事し、2軒目に向かったのは岩切組がケツ持ちをしているスナック来夢来都である。そこで、ママの麗香(黒木瞳)は狛江に白い粉を渡し、深町のグラスに入れるよう指示。狛江が深町の酒にその粉を混ぜると、深町は気を失った。そして麗香がタクシーを呼ぶと、岩切組組員が運転手に扮して深町を連れ去っていった。

 後日、狛江が深町に会いに行くと、深町は箱いっぱいの仕事を用意しており、それらすべてを狛江に任せると指示をした。その後、岩切に呼び出された狛江は、深町が複数の女性と裸で抱き合っている写真を渡される。「これは恐喝じゃないですか!」狛江が驚くと、岩切は「だとしたらお前がやったんじゃ。おかげで、丸越の仕事取れたんじゃろがい!」と言い返す。狛江はぐうの音も出なかった。

鈴木愛理のかわいさは見どころの1つ

 前回、このドラマについて「面白いのか面白くないのかよくわからないドラマ」と評した。事実、今までの見どころはインテリヤクザを演じる田中圭の出で立ちと、チワワの昌三のかわいらしさくらいである。これだけの個性派俳優を揃え、見どころがその2つというのもどうかと思うが……。

 そんな中、今回猛フィーチャーされたのは鈴木愛理だった。「2人きりで食事に行けないですか?」と誘い、『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)で精神的イケメンを演じていたムロを浮足立たせた愛理。ホステスとイチャつく渡辺を見て嫉妬の表情を浮かべたり、お酒で口内の傷がしみるムロに「無理しないでください」と水を渡したり、ムロとシャドーボクシングをしてボディに1発入れ悶絶させたり、カラオケで阿修羅市のテーマ曲を熱唱してスナック中をヘッドバンキングさせたり。ドラマの面白さは未だわからないが、愛理がかわいいことはわかった。

12

『Iターン』第3話で猛フィーチャー! 鈴木愛理がかわいすぎる!! のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真