日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 土屋太鳳、ゴチ連続ビリで批判

土屋太鳳、『ゴチ』二週連続ビリ借金で批判殺到……も、2回目は泣かなかったワケ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

Sony Music Artists公式ホームページより

 バラエティ運がないとしかいいようがない?

 7月4日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の人気コーナー「ゴチになります!」は、千鳥・ノブの「ピタリ賞」で大盛り上がり。その一方で、ビリになった土屋太鳳が大バッシングを浴びるハメになってしまった。

「土屋は前回放送でも最下位となり、18万1,100円を自腹で支払うことになったのですが、『お金ない……』と泣きはじめ、田中圭に借りることに。視聴者からは『多めにお金持ってこい』『泣けばいいと思っているところがあざとい』と批判を浴びました。にもかかわらず、今回も最下位となり、支払い金額13万3,900円を前に『でも、今日お金が……』とポツリ。 ピタリ賞100万円を獲得したノブが『太鳳ちゃん、俺が貸すわ』と助け舟を出し、事なきを得ました」(テレビ誌ライター)

 連続でお金を借りたことで、ネット上では「毎回借りる気?」「2回目だろ」などと、怒りのコメントが飛び交うなど炎上騒ぎとなっている。

「お金を借りることは昔からあったのですが、男の人が『貸すよ』と言ってくれるのを待っている感じだったことに嫌悪感を持たれてしまった。前回放送の翌日に、土屋は自身のSNSで反省を述べており、それが活かされていなかったことも反感を倍増させているようです」(女性誌ライター)

 とはいえ、土屋には気の毒だった面もあったようだ。

「実は、今回と前回は同じ収録日だったようで、2回目もお金がなかったのは仕方がなかった。実際、2回目の時は泣いておらず、ノブの助け舟も早かった。残ったのが土屋とノブの2人だけになった際、田中は『絶対太鳳ちゃんっ!』と強く祈っていましたが、土屋が最下位になったらまずいことになることがわかっていたからかもしれません」(テレビ関係者)

「ゴチレース」で現在4位の土屋。バッシングに心が折れて、今後は脱落することを目指してあえて負け続けたりして?

最終更新:2019/07/07 09:59

土屋太鳳、『ゴチ』二週連続ビリ借金で批判殺到……も、2回目は泣かなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

矢部太郎が振り返る絵本作家の父

 アパートの大家さんとの交流を描き、シリーズ120万部を突破した『大家さんと僕』で、...
写真