日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『Iターン』ムロツヨシに光明

『Iターン』救いのなかったムロツヨシに初めて見えた光明 ”牧歌的ヤクザ”古田新太と信頼関係芽生える

テレビ東京『Iターン』

 8月2日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第4話。ドツボ続きでまったく救いのなかった主役・ムロツヨシに、初めて光明らしきものが現れた回だった。同時に、ムロ自身にもひそかなキャラ変が起こり始めている。

第4話あらすじ トイレ中に白い粉を見つけるムロツヨシ

 岩切猛(古田新太)に命じられ、借金返済のため、土沼昭吉(笹野高史)と組んでキックバックを受け取った狛江光雄(ムロツヨシ)。そのお金は岩切への返済に充てる予定だったが、待ち伏せしていた闇金北島(アントニー)に奪われてしまう。無一文になった狛江は竜崎剣司(田中圭)からの甘い誘いを思い出し、竜崎組から500万円を借りることにした。

 岩切が待ち合わせ場所に指定するホルモン店へ着いた狛江は、店に入る直前、竜崎組組員から500万円が入ったバッグを渡された。店内で岩切を待っていると、狛江はおなかの具合が悪くなり、バッグを持ってトイレに向かう。そこでバッグの中を見ると、なぜか白い粉を発見! その後、岩切がホルモン店に到着すると刑事の城島豊(河原雅彦)が現れ、岩切と狛江の持ち物検査をし始める。刑事たちの目が岩切に向いている間、狛江は白い粉を烏龍茶に入れ、グイッと飲み干すことで事なきを得た。竜崎と城島は裏でつながっており、狛江に渡したバッグに白い粉を忍ばして岩切をハメようとしていたのだ。

土地ころがしで大金をつかむ経済ヤクザ VS 内職で折り鶴を作る牧歌的ヤクザ

 古田が仕切る岩切組と田中が仕切る竜崎組の違いが次第に鮮明になってきた。岩切組の組員たちはコワモテだけど、なんかかわいいのだ。かごに造花や折り鶴を積み、仲間と作品を褒め合いながら自転車を漕ぐ光景。土地ころがしで大金を動かす竜崎組とのコントラストはくっきりだ。トップに立つ者のポリシーや倫理観によって、同じヤクザでもまったく違う組織になってしまうということ。

 ヤクザのなんたるかがまったくわからず、事あるごとに慌てふためくムロに決してキレず、敬いながら指導する組員・桜井勇一(毎熊克哉)。ほかの組員から八つ当たりされるムロを献身的にかばう彼は重要人物だ。岩切組にはどこか牧歌的な雰囲気が漂っている。

 彼らに比べれば、意図的な誤植やキックバックを喜々として行う笹野高史のほうがよっぽど怖い。笹野は内職なんかしないだろうし。

12
こんな記事も読まれています

『Iターン』救いのなかったムロツヨシに初めて見えた光明 ”牧歌的ヤクザ”古田新太と信頼関係芽生えるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真