日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 堀ちえみ、医師の言葉紹介で批判

堀ちえみ、同じがん患者にマウンティング?「医師の言葉紹介」で批判殺到のワケ

堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」より

 堀ちえみのブログが炎上している。

 今年2月にステージ4の舌がんの手術を受け、4月にはごく初期の食道がんが発見されたことなどを明かしていた堀だが、6日にアップしたブログエントリーの中で、大学病院で診察を受けたことを報告。「経過も順調です」と明かした。

 また、堀は「今日の診察の、先生のお話の中で、一番心強かった言葉」として、「癌はもはや治る時代なのです」と紹介。「5年間は診察と検査は続くけれど、舌癌に関してはもうない」とし、「今日の診察を受けて、癌という病気に捕らわれるのではなく、もっと心を自由にして生きた方がいいと、悟りました」とつづっていた。

 しかし、堀が紹介した”この言葉”について、ネットからは、「治る時代、かもしれないけどそれでもまだがんで亡くなる方はいるのに…」「自分が言われて嬉しかったかもしれないけど心に秘めておけばいいのに」「あんたはそうかもしれない。でもそうじゃない人もいる。それがなぜわからない?」という批判が殺到している。

 癌を克服する人が増えてきたとはいえ、癌で亡くなる人もまだまだ大勢いる。癌患者はもちろん、癌で亡くなった方の遺族をも刺激するブログとなってしまっていた。

最終更新:2019/08/09 23:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

堀ちえみ、同じがん患者にマウンティング?「医師の言葉紹介」で批判殺到のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真