本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

NEWS手越祐也、今度はジャニーさん死去前後に連日の大豪遊発覚で周囲からもあきれ声

手越裕也

 7月9日に87歳で亡くなり、9月4日に東京ドームで『お別れの会』が執り行われることになったジャニーズ事務所の創設者・ジャニー喜多川社長。7月10日には所属タレントが続々と追悼コメントを発表し、“ジャニーズの問題児”と言われたNEWS手越裕也も次のような言葉を発表している。

「僕の歌を認めてくれてジャニーズの歌に対するイメージを変えて欲しいと期待を込めてNEWSというグループに選んでくれたジャニーさんに感謝しかないです。(中略)これからのタレント、ボーカリストとしての手越祐也の歌を、YOU成長したね。って言ってもらえるように努力し続けます」

 ところがその手越、ジャニーさんが亡くなった直後にもかかわらず、銀座の高級クラブで豪遊し、ホステスを口説いている姿が目撃され、周囲を呆れさせている。 

「ジャニーさんが亡くなってまだ2日くらいだったのですが、手越が高齢男性と2人で8丁目の高級クラブ『L』に入店してきました。ジャニーさんの死に少しは落ち込んでいるかと思いきや、テーブルにつくホステスを次から次へと口説いていたので、その神経を疑いましたよ」(銀座のクラブ関係者)。

 手越の場合、これだけではない。

 7月19日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)も、ジャニーさんが亡くなる前日の7月8日に手越が東京・赤坂で“どんちゃん騒ぎ“に興じる様子を報じている。同誌によれば、この日は芸能界から財界まで幅広い人脈を持つ人物の誕生パーティで、手越は会がお開きになるまで同席。店から出た後も、仲間のリクエストに応じて記念撮影を始め、パーティ参加者と肩を組むなど、上機嫌だったという。

 もちろん、パーティへの参加自体が悪いわけではない。しかし、この日はジャニーさんが生死を彷徨っていた日だ。ジャニーズのタレントの大半は、ジャニーさんが都内の病院に緊急搬送されて以降、時間が許す限り、ジャニーさんを見舞うために病院に足を運んでいた。

 そんななか、我関せずとばかりにどんちゃん騒ぎに興じていた手越。普通なら、少なくとも初七日があけるまでは喪に服し、目立つ言動は慎むところだろう。銀座のクラブには、高齢男性に接待されてついていったようで、時期が時期だけに接待するほうの神経も疑いたくなるが、そこでホステスを口説きまくっていたという手越には開いた口が塞がらない。

12
こんな記事も読まれています

NEWS手越祐也、今度はジャニーさん死去前後に連日の大豪遊発覚で周囲からもあきれ声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真