日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 木下優樹菜、行儀について批判

木下優樹菜、次女の名前エピソードを披露するも違うところにツッコミが殺到したワケ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

木下優樹菜公式インスタグラムより

 木下優樹菜がインスタグラムで娘に関するあるエピソードを披露したものの、物議を醸している。

 木下といえば先日、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルとの密着ツーショットを披露したものの、「フジモンが可哀想」と、夫でお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史へ同情が寄せられる事態となっていた。

 そんな木下だが、13日にインスタグラムを更新し、「ってかさ まかちんの名前 MAKANA ぢゃん?」と、次女の名前について触れ、「hawaii語で “神様からの贈り物”て意味」と明かした。

 木下は今月上旬に娘たちとともにハワイを訪れていたが、その際の出来事として、「ハワイで、まかなー!て呼んでると地元のひとに Makana?て毎回いわれるーー」と告白。「贈りものー!贈りものー!て叫んでるようなもんだよね」と次女の名前についてお茶目に語っていた。

 この投稿について木下のフォロワーからは、「すてきですね!」「いい名前過ぎる!」といった声が集まっていたものの、一方ではベンチに座るふたりの娘が靴を履いたままあぐらをかいたり、脚を大きく広げていたこともあり、「お行儀悪すぎる…」「お行儀悪すぎて引きます」「脚閉じさせたほうがいですよ。この写真に何も思わず使う神経が分からない」というツッコミも寄せられていた。

 多くの人が利用するベンチで靴を履いたまま脚を広げるという娘の行為に、木下への批判が多く寄せられていた。

最終更新:2019/08/16 00:00

木下優樹菜、次女の名前エピソードを披露するも違うところにツッコミが殺到したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

千鳥・ノブの顔がやけにハマる?

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真