日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 『AKBINGO!』終了で展開

AKB48、冠番組『AKBINGO!』終了に古参ファンはがっかりも新規ファンを獲得できず

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

日本テレビ公式サイトより

 日本テレビ系で放送されているAKB48の冠番組『AKBINGO!』が9月で終了することが明らかになった。AKB48にとっての初地上波冠番組である前身番組『AKB1じ59ふん!』から数えて、約11年半にわたる歴史に幕を閉じることとなる。

「AKB48の選抜総選挙の第1回目は2009年。同番組はそれよりも前の“ブレイク前夜”に始まっています。古くからのファンにとっては、思い入れの強い番組です」

 そう話すのは、結成当時からAKB48を追いかけている芸能ジャーナリスト。曰く、『AKBINGO!』は“アイドル番組らしいアイドル番組”だったという。

「いろんなゲームや体当たり企画にチャレンジするというオーソドックスな内容。高度なお笑いをやるのではなく、AKB48のメンバーたちが素のままでできるような企画が多かったですね。バラエティー番組としては少々ヌルかったようにも思いますが、素人くささが残るアイドルの番組としては理想的だと思います」(同)

 また、AKB48の冠番組ということで、世間的な知名度がそれほどないメンバーも出演していた。

「いわゆる選抜メンバーだけでなく、知名度もなく、メディア露出が少ないメンバーも出演していたので、熱心なファンにとってはかなり重要な番組だったと思います。番組の終了についてファンたちはかなりショックを受けていますね」(同)

 コアなファン向けの作りとなっていた『AKBINGO!』だが、その一方で新規ファン開拓には繋がりにくいものだったともいえそうだ。

「良くも悪くも、番組の雰囲気は昔からあまり変わっていなかった。ずっと見続けているファンにとってはとても心地よいものだったといえるのだけど、その分、内輪受けの雰囲気が強かったのも事実。新規視聴者にとってはハードルが高くなっていたようにも思います。11年続いてメンバーが入れ替わっているけど、視聴者はあまり入れ替わらなかったのかもしれませんね……」(同)

 11年続いた番組を今ここで終了させることがひとつの起爆剤になるとも見られている。テレビ局関係者はこう話す。

「業界的にも坂道シリーズは現在進行形で人気グループという認識ですが、48グループについては、どうしても“過去のもの”となりつつあるのが現状です。そういう意味では、長く続いているものを壊してでも、新規ファン獲得に乗り出す必要がある。『AKBINGO!』が終わるのも、選抜総選挙の開催を見送ったのもその一環。だらだら続いているだけのグループよりも、なにか動きがあるグループのほうがメディア露出は増える。そういう意味でも今後のAKB48グループについてはむしろ変化が楽しみですね」

『AKBINGO!』終了とともに安定を捨てたAKB48グループの逆襲が始まるか?

最終更新:2019/08/26 12:05

AKB48、冠番組『AKBINGO!』終了に古参ファンはがっかりも新規ファンを獲得できずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

コント師・ロングコートダディ

最近お笑いの賞レースで、ロングコートダディの名前を見る機会が増えた。「脱力系」「とらえど...
写真