日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 石原さとみ、番宣激写あるか

石原さとみ、主演ドラマ『Heaven?』視聴率低迷で近々あの俳優との”番宣”激写あるか⁉︎

ホリプロ公式サイトより

 巻き返しの“秘策”はいつものアレ?

 石原さとみ主演のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)第7話が8月20日に放送され、視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 同ドラマは初回10.8%でスタートするも以降は右肩下がりとなり、直近3話は7~8%台が定位置となっている。

「過去には視聴率2ケタ台を連発してきた石原ですが、このところは結果を出せていない。30代に入り人気が低迷していることは否めず、ネット上では“石原さとみ離れ”がキーワードに上がり、話題となっています。もっとも本人はこうした記事を見つけては、スタッフに見せまくってネタにしているようですが……」(芸能記者)

 視聴率へのこだわりが人一倍強く、業界内では宣伝活動にも熱心な女優として知られている石原。V字回復策としてある提案をしているという。

「彼女はスタッフに『私、週刊誌に撮られましょうか?』と自ら熱愛スキャンダルでの話題作りを申し出たという話も。『志尊君と撮られるっていうのはどう?』と具体的にドラマで共演する志尊淳の名前を出すなど、本気とも冗談とも判断がつかない発言に、周囲もどうリアクションしていいかわからなかったとか」(芸能ライター)

 石原は過去にたびたび熱愛報道があったことから、恋多き女のイメージが強いが、実際、そのうちのいくつかには「番宣」疑惑が囁かれていたものだった。

「10年の映画『人間失格』公開前には、共演した生田斗真との焼肉デートが報じられています。ほかにも、14年にはドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)で共演の松本潤と噂になったり、同年のドラマ『ディア・シスター』(同)放送時には共演のEXILE・岩田剛典との深夜密会デートがスッパ抜かれたりもしている。しかし、いずれも続報がなかったことから、“番宣”と見られています。熱愛がワイドショーなどで取り上げられると、業界では視聴率が少なからず上昇すると言われており、石原にとっては昔からの常とう手段なのかもしれません。もっとも『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(同)で共演した山下智久とは真剣交際だったようですが」(週刊誌記者)

“石原さとみ離れ”を食い止めるためには、なりふり構ってはいられないといったところか。

最終更新:2019/08/27 21:30
こんな記事も読まれています

石原さとみ、主演ドラマ『Heaven?』視聴率低迷で近々あの俳優との”番宣”激写あるか⁉︎のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真