日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > マツコがキャラ変?N国で毒舌封印

マツコがキャラ変? N国騒動で毒舌を封印し「スモールマツコ」と嘲笑も

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

マツコ・デラックス

 8月26日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)にマツコ・デラックスが生出演した。

 同番組でのマツコの発言に腹を立てた『NHKから国民を守る党(N国)』党首の立花孝志参議院議員は、この日も同局前に登場し、8月12日から3週続けてマツコに対する批判演説を展開。この騒動が引き金となり、マツコのキャラに異変が起きているという。

「立花氏の抗議を受けて以降、マツコはN国の話題にはいっさい触れていません。そればかりか、最近は毒舌にまったくキレがなくなり、褒める発言しかしなくなった。マツコといえば、胸のすくような攻めた発言でここまでの人気を博しました。しかし、その豪快な容姿とは裏腹に、内面は繊細だと言われており、騒動後は完全に発言が守りに入ってしまっている。魅力が半減したことで、業界内では『スモールマツコ』と揶揄される始末。このままでは人気が急落する可能性もありそうです」(テレビ関係者)

 一方、「女性自身」(光文社)ではマツコのギャラを詳報。それによると現在、レギュラー出演している『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は200万円、『マツコ&有吉のかりそめ天国』(テレビ朝日系)はゴールデン帯になる10月からは400万円、『マツコの知らない世界』(TBS系)に至っては500万円だという。これにバラエティ関係者はこう苦笑する。

「バラエティ番組1本の制作費は1,000万円程度ですから、1人のギャラに500万円なんてありえませんよ。マツコにとってもこうした報道はマイナスでしかない。N国の件にせよ、世間からは『500万ももらって相手を叩いておいて、抗議から来たら逃げまくるのか』と叩かれる材料になりますし、テレビ界からは『ギャラが高すぎて使えない』と敬遠されるだけ。立花氏はマツコだけを狙い撃ちにしている理由について、『数字を持っているから』と答えていましたが、数年前ならいざしらず、実は今のマツコにはそれほどパワーはありません」

 マツコバブルもそろそろ終了か?

最終更新:2019/08/28 12:35

マツコがキャラ変? N国騒動で毒舌を封印し「スモールマツコ」と嘲笑ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真