日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大橋未歩、生報道中に猛批判

大橋未歩、「アイドルからキャスター転身」を生報道中に猛批判! そのフリーアナの実名とは

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

大橋未歩公式インスタグラムより

 苦言を呈したのはあのフリーアナ?

 8月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で元テレビ東京アナの大橋未歩が、アイドルのキャスター起用に不満を漏らす場面があった。

「番組では、AIにより将来はテレビ局の生え抜きアナが不要になるという推測記事を紹介。この流れで意見を求められた大橋は『アナウンサーの仕事を軽く見過ぎなんじゃない?って思うことがあって…』と口火を切ると、『キャスターとかいう名前を自分のステータスを挙げるために使わないで欲しいなって……』と不満を口にしました。それ以前に取材や勉強をしてきた人物がキャスターを名乗ることは納得しているようなので、おそらくアイドルからキャスターに転身している人たちのことを指しているのでしょう」(テレビ誌ライター)

 最近は日本テレビの市來玲奈アナやテレビ朝日の斎藤ちはるアナなど、元乃木坂46メンバーが局アナになるケースもあるが、テレビ関係者は大橋の矛先をこう推測する。

「『キャスター』と言っていることからも局アナではなさそう。最も該当しそうなのは元SKE48からフリーアナに転身した柴田阿弥ではないでしょうか。彼女は2016年8月にグループを卒業すると、17年1月にはいきなり、鷲見玲奈アナと入れ替わる形で『ウイニング競馬』(テレビ東京系)のMCに抜擢されました。その鷲見アナの採用面接で面接官を担当したのが大橋で、『初めから全然違ったんですよ。華があって』と太鼓判を押し、人事部に猛プッシュしたそうです。そんな縁もあり、大橋は在局中、鷲見アナを一番かわいがっていた。その鷲見アナは競馬を猛勉強していたため、降板をすごく悔しがっていたといい、一方の柴田は競馬ビギナーでしたから、大橋も忸怩たる思いだったはずです」

 もっとも、女子アナがバラエティなどでアイドルの領域を侵すこともしばしばあるだけに、どっちもどっちな気がしないでもない?

最終更新:2019/09/02 09:39

大橋未歩、「アイドルからキャスター転身」を生報道中に猛批判! そのフリーアナの実名とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真