日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジ永尾アナ熱愛も印象最悪?

フジ・永尾亜子アナって誰? 熱愛発覚も「上司とのDキス騒動」のイメージが拭えず!? 

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

フジテレビ公式サイトより

 “干され女子アナ”に逆戻り?

 フジテレビの永尾亜子アナが、民放テレビ局に勤務する20代男性と交際中であることがわかった。

「一部報道によれば、交際期間は半年以上で、男性からの猛アプローチに永尾アナが陥落したようです。共通の趣味が音楽鑑賞で、予定が合う時は音楽フェスに一緒に行くことも。休日は広尾や赤坂、麻布十番などで食事デートを楽しんでいるといいます」(芸能記者)

 入社4年目の永尾アナは、高校時代は放送部で、コンテストでは全国上位の実績を持つ。また、長崎大学在学中はミスコンテストにも出場するなど才色兼備な大物新人としてメディアもクローズアップ。1年目の10月から夕方のニュース番組『みんなのニュース』サブキャスターに抜てきされたものだった。

 しかし、その後すぐにテレビ画面から姿を消すようになり、よほどの女子アナ通でなければ「永尾亜子アナ」と聞いてもピンと来る人は少ないかもしれない。その理由を週刊誌記者が明かす。

「永尾アナは入社1年目の16年に、フジテレビの音楽番組における最高責任者から『強制舌入れキス』されていたことを『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)にスッパ抜かれました。目撃されたのはフジの音楽イベント『ULTRA JAPAN』のVIPよりさらに上の『VVIP』席。2人は酒に酔っていたようで、周囲には多数の業界関係者がいたにもかかわらず、音を立てんばかりに1分間ほども舌を絡め合っていたとか。衆人環視の中で、新人アナが親子ほど年齢の離れている相手と痴態を繰り広げていたことに女子アナファンはショックを受け、以後、露出は大幅に減っていきました」

 現在も『めざましテレビ』のエンタメコーナーや深夜番組で見かけるだけ。

「今回の熱愛報道でも、ネット民からは『Dキスの痴女子アナ』としてしか認知されていません。遠くないうちに戦力外通告され、他部署への異動となるかもしれません」(前出・週刊誌記者)

 人気アナへの道はますます遠ざかってしまったようだ。

最終更新:2019/09/04 09:59

フジ・永尾亜子アナって誰? 熱愛発覚も「上司とのDキス騒動」のイメージが拭えず!? のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真