日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > 『ルパンの娘』深田恭子の虚構性
ドラマ評論家・成馬零一の「女優の花道」

『ルパンの娘』で光る、深田恭子の虚構性

深田恭子

 深田恭子は、リアリティがない女優である。

 これは演技がヘタという意味ではない。演技の虚構性がとてつもなく高いということだ。つまり、深田の演技には、ディズニーランドのキャラクターを見ているかのようなファンタジックな非現実感がある。

 女優の演技をリアルとファンタジーの二分法で考えた時、深田の演技はファンタジーの成分がとても多い。彼女が所属するホリプロの女優はその傾向が強く、石原さとみや綾瀬はるかの演技も虚構性が強い。だからこそ彼女たちはコメディテイストのドラマで重宝されるのだが、それでも7対3ぐらいの割合で年相応の女性としてのリアリティを有している。しかし、深田の場合は9対1、あるいは99対1くらいの割合でファンタジー要素が強い。こういう女優はとても稀有な存在で、演技のうまいヘタでは測れない希少価値がある。

 そんな深田には二種類のハマり役がある。ひとつは彼女の特性がうまく融合する虚構性100%の作品、現在放送中の『ルパンの娘』(フジテレビ系)がまさにそうだ。

 本作は「Lの一族」と呼ばれる泥棒一家の一人娘・三雲華(深田)と警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋を描いたコメディドラマ。

 チーフ演出は武内英樹、脚本は徳永友一。今年の初めに大ヒットした映画『翔んで埼玉』をヒットさせたコンビだが、本作の面白さは虚構性の高いストーリーを、完成度の高いビジュアルと演出で仕上げており、とにかく画面が豪華絢爛で貧乏くささがない。その最たる場面が、深田が赤いボディスーツを着て盗みに入る場面だ。映画『ヤッターマン』のドロンジョ様もそうだったが、少しセクシーな衣装でオブジェに徹した時、彼女のポテンシャルは最大限に発揮される。

 ほかの出演者も、瀬戸、渡部篤郎、小沢真珠、麿赤兒、栗原類、加藤諒、藤岡弘、といったアクの強い演技を得意とする俳優たちが脇を固めている。彼らは深田と同様、虚構性の高い演技を得意とする俳優だが、これだけ人数をそろえると胃もたれするほどコッテリとした芝居の応酬となり、現実感がなくなる。

 もうひとつ、『ルパンの娘』の特殊性は、ツッコミどころ満載でありながら劇中にツッコミ役がいないことだ。一応、深田演じる三雲は劇中で起こる不可解な展開に対して驚いたり、悩んだりするのだが、視聴者からするとツッコミどころが膨大なので「驚くのはそこじゃないだろう!」と言いたくなる。

 この「ツッコミを入れたくなる」というのが本作最大の武器で、視聴者がツッコミを入れることで作品に参加できること、それこそが本作の楽しさなのだ。

 一方、リアルな役柄を演じた時にも、深田の演技は際立つ。

12
こんな記事も読まれています

『ルパンの娘』で光る、深田恭子の虚構性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真